メンエス好きな友人と、好奇心旺盛な僕の妻3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

 研二は、興奮した顔で七菜の乳首を舐め続けている。七菜は、顔を真っ赤にしたまま必死で研二の頭を押している。研二は頭を押されても、動じることなく七菜の勃起した乳首を舐め続ける。
「ダメっ、こんなのマッサージじゃないよ」
 七菜は、少し怒っている。温厚な彼女にしては珍しい態度だ。
「ゴメンゴメン」
 研二は、舐めるのをやめた。でも、両手で両乳首を触り始める。オイルでヌラヌラ光る胸、乳首もすっかりオイルまみれだ。この状態で指で触られたら、気持ちいいに決まっている。
「うぅっ、ダメぇ、んっ、うぅ」
 七菜はすっかりと感じてしまっている。乳首はさらに勃起したように膨らんでいて、強い快感を感じているのがわかる。研二は、楽しそうに触り続けている。出したままのペニスは、やっぱり勃起していて揺れている。ヘソの位置よりも上に亀頭が来るくらい、長いペニス。羨ましいと思ってしまう立派なペニスだ。

「メチャクチャ凝ってるじゃん。カチカチだよ」
 研二はからかうように言いながら、乳首をこすり続けている。
「うぅっ、あっ、アンッ、イヤァ、声出ちゃう」
 七菜は、苦しげな声で言う。感じてしまっているのを必死で抑え込もうとしているみたいだ。
「声出して良いよ。マッサージで、気持ちいいと声出るものでしょ?」
 研二はマッサージを続けながら言う。彼は、乳首をさするだけではなく、摘まむような動きを始めた。ギュッと乳首を摘ままれると、七菜はさらに声をあげる。
「うぅっ、あっ、アンッ、ダメぇ」
 七菜はさらに声が大きくなる。さっきから、両脚がピンと伸びて力が入っている。まさかだと思うが、イキそうになっている? 乳首だけで、そこまで感じるものだろうか? 僕は、激しく感じてしまっている七菜を見て、さらに射精感が増している。やっぱり、僕の寝取られ性癖は間違いないみたいだ。

 すると、研二は急に胸をマッサージするのをやめてしまった。七菜は、あっけにとられたような顔になっている。
「じゃあ、次は脚をマッサージするよ」
 そんな風に言って、研二は七菜の脚を揉みほぐし始めた。仰向けのまま寝転がり、脚を揉まれている。スカートはまくれてしまっているので、ショーツがチラチラ見え隠れしている。何よりも、太ももがほとんど丸見え状態なのがなまめかしい。
「も、もう充分だよ。ありがとう、気持ち良かったよ」
 七菜は、やっぱり恥ずかしそうに言う。胸をさらけ出し、スカートもまくれているような状態でも、やっぱり恥ずかしいみたいだ。
「いやいや、まだまだ足りないでしょ。ほら、リラックスして」
 研二は、楽しそうに七菜の脚を揉みほぐしていく。ふくらはぎの辺りを揉みほぐし、徐々に上に上がっていく。太ももをさするように揉む始めると、七菜の顔が気持ちよさそうにトロンとし始めた。
 七菜は、はだけた胸を隠すこともなく太ももを揉みほぐされている。徐々に上がっていく研二の手は、際どいギリギリの所まで届いてしまっている。
「んっ、うぅ、ダメぇ、恥ずかしい……見ないで……」
 七菜は、完全に丸見えになってしまったショーツを気にしている。ショーツにはまだオイルが付着していないので、透けたりはしていない。

 オイルが光る胸が生々しい。乳首は驚くほどピンク色だが、勃起して大きくなっている。他の男に性的に感じさせられていると思うと、やっぱり嫉妬するし不安を感じる。でも、僕は射精寸前まで高まってしまっている。手も触れていないペニスが、脈打つようにビクンビクンとしてしまっているし、少しでもしごいたら即射精しそうだ。
「気持ちいい? もっと感じて良いよ」
 研二は嬉しそうに太ももをさすり続ける。
「感じてない……ダメだよ、こんなのマッサージじゃないもん」
 七菜は、まだそんな事を言っている。さっき、マッサージと言いながらも射精までさせたくせに、よく言えるなと思ってしまう。研二は、そのまま揉みほぐす。でも、手が秘部に当たり始めた。内股を揉んでいる流れで、偶然当たってしまう……そんな感じの触り方だが、どう見てもわざと押しつけている。
「うぅっ、あっ、クゥ、うぅ」
 秘部を刺激され、声が漏れてしまう七菜。さっきは乳首への刺激だけでイキそうになっていたのに、まだ感じていない振りをしたいみたいだ。研二は、そのまま揉みほぐしていく。手は秘部に当たったままだ。その上で、さらに刺激を続けている。
「うぅっ、ダメ……あっ、うぅ、うぅ~っ」
 七菜は、切なげな声をあげながら脚をますますピンと伸ばしていく。そして、しばらくそのままの状態が続いたが、七菜は腰を持ち上げるようにして身体をガクガクッと震わせた。歯を食いしばって声が漏れないようにしている彼女。必死の形相だ。

「はい、終わり。お疲れ様」
 研二はそう言ってタオルで手を拭うと、さっさと服を着てしまう。
「じゃあ、またね。今日はありがとう」
 研二は、まるで逃げるように出て行ってしまった。あっけに取られる僕と七菜。七菜は、酷い姿だ。胸は丸見えで、スカートは完全にまくれ上がってしまっている。
「たか君、来て。すぐ来て」
 七菜は、焦れきった顔だ。そして、自分でショーツを脱いでしまった。濡れてドロドロの膣口。オイルは塗られていないはずなのに、まるでオイルを塗ったようにヌラヌラ光っている。
 僕は慌てて裸になると、すぐに七菜に覆い被さっていく。でも、避妊のことが頭をよぎってしまった。そしてすぐにコンドームを装着し始める。七菜は、焦れたような顔で僕を見つめている。
 完全に、研二に火をつけられている。こんなに発情したような顔になっているのぁ、研二のマッサージのせいだ。他の男に火をつけられ、発情したような顔を晒している……そう思っただけで、嫉妬で息が苦しい。

 潤んだ目で見つめてくる七菜、そのままペニスを挿入した。
「うぅあっ、たか君、気持ちいいっ」
 七菜は、すぐに気持ちよさそうな声を漏らす。僕は、すでに射精感を感じながらも腰を動かし始めた。いつも以上に熱くてキツキツな感覚、身体が妊娠モードになっているような状態なのだと思う。
「アンッ、うぅっ、あっ、アンッ、気持ちいいっ。たか君の、いつもより固いよ」
 七菜は、嬉しそうにあえぐ。本当に気持ちよさそうに感じてくれていて、嬉しくなってしまう。でも、どうしても研二のペニスが気になってしまう。圧倒的なサイズ差……あれを入れられたら、どうなってしまうのだろう? 想像しただけで、身もだえしそうだ。

 僕は、必死で射精を堪えながら腰を動かしている。
「ねぇ、興奮した? 私がイッたの、わかった?」
 七菜があえぎながらそんな事を聞いてくる。本当にイカされたの? と聞くと、
「ゴメンね、2回イッた……凄かったよ」
 七菜は罪悪感を感じている顔だ。2回もイカされたと聞いて、嫉妬が燃え上がる。僕は、さらに激しく腰を動かしながら、研二に入れてもらいたかったのかと聞いた。
「う、うん。欲しいって思った。ゴメンね、あんなの見たことなかったから……どうなっちゃうのかなって」
 七菜は、モジモジと恥ずかしそうに言う。でも、顔はさらに発情したような顔に変わっている。
「たか君、飲ませて……」
 七菜は恥ずかしそうに顔を真っ赤にしながら言うと、口を大きく開けた。僕は、一瞬意味がわからなかった。でも、さっき七菜が研二にしたことだなと思い、唾液の塊を垂らしていく。こんな事をするのは初めてなので、勝手がわからない。かなり大きな塊が垂れて行ってしまった。七菜は、それを口で受け止める。そしてすぐに飲み干すと、
「もっと欲しい……」
 と、恥ずかしそうにおねだりをした。
 僕は、さらに唾液を垂らしていく。すると、七菜はそれを飲み干し、すぐにキスをしてきた。激しすぎる勢いで舌を絡めてくる七菜……こんなに激しいキスをしたことはない。
 さっき、七菜は唾液を飲ませるだけでキスはしなかった。もしかして、アイツとキスをしたかったのではないか? そんな疑念を感じてしまう。

 僕は、七菜が研二とキスをしているイメージをしている。想像しただけで、嫉妬の炎で身が焦げそうだ。でも、研二に舌を絡ませている七菜を想像すると、制御が効かないほどに興奮してしまう。そして、あっけなく射精してしまった。
「うぅっ、あぁ、ダメぇ、もっとっ」
 七菜は、切なげな声で言う。明らかに物足りなくて不満そうだ。僕は、ゴメンを謝った。
「う、ううん。大丈夫。気持ち良かったよ。たか君、興奮してたね。カチカチだったし、早かったね」
 甘えたような口調で言う彼女。早くて申し訳ないなと思ってしまう。ただでさえ早漏なのに、嫉妬でより興奮してしまったみたいだ。僕は、早漏を誤魔化すように、本当にアイツと最後までしてみたいの? と聞いた。
「う~ん、やっぱりやめた方が良いと思う。でも、たか君はどうなの? して欲しいって思ってるんじゃない?」
 七菜は、質問を返してきた。僕は、やっぱり言葉に詰まってしまう。最後までしている姿を見たいと思っているのは間違いない。でも、同じくらい見たくないと思う気持ちがある。
「たか君、寝取られ好きだもんね。さっきも、パンツの中に出しちゃいそうだったでしょ?」
 七菜は、ドキッとすることを言う。すっかりとバレていたみたいだ。曖昧にごまかしながら、またマッサージをしてあげるの? と聞いた。
「うん。だって、もったいないでしょ? 風俗なんて行ってたら、お金すぐなくなっちゃうじゃん。それに、コロナも怖いでしょ?」
 七菜は、そんな事を言う。そこまで心配する必要もないと思うが、僕も強く反対する気持ちになれない。むしろ、もっと見たいと思っているくらいだ。

 その週末、七菜にねだられて遊園地に遊びに来た。考えてみれば、こんな風に一日かけてのデートは久しぶりだった。七菜は、日頃から甘えん坊なところはあるが、今日はいつも以上に甘えてくる。
 結婚してからは、手を繋いで歩くことも少なかった。今日は、朝からずっと手を繋いでいる。たったこれだけのことでも、妙にドキドキしてしまう。もしかしたら、研二にイカされてしまったことを気にしているのだろうか? でも、それを見て興奮しきっていた僕には、それをとがめる資格もないはずだ。

「そろそろ時間だね。ほら、遅れちゃうよ!」
 七菜は、無邪気に笑っている。そして、ショーと花火の会場に向かって歩き出す。途中でポップコーンを買った。
「カレー味のポップコーンだよ! 辛いのかな?」
 七菜は、並んでいる間も妙にテンションが高い。今日の彼女は、短めのスカートに胸元が少しルーズな薄手のニットだ。かなり胸が大きめの彼女が着ていると、やたらと胸が強調されてセクシーだ。
 そして、いつもよりもしっかりとメイクをして髪もセットしているせいか、ドキドキするくらいに可愛らしく見える。こんなに可愛かったんだな……と、今さら思うくらいだ。

「美味し~。そんなに辛くないんだね。でも、ラッシー飲みたくなっちゃうね」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています
《アマゾンKindle内の私のページです。新作がどんどん増えています!》



Kindleで電子書籍にしました

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られ体験談や人妻との体験談を中心とした、ここだけのオリジナル作品です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です。
http://kokuhakutaiken.com/blog-entry-6389.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、このTwitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/hmoetaiken

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

検索フォーム

kindle出版しました












PRエリア