口の悪い嫁と、イケメンなのに童貞の後輩5(マガブロ 転載禁止)

前回の話

「なにイッてんだよ。女房が浮気してるのに、それ見ながらオナニーするなんて、なに考えてんの?」
 加奈は、ニヤニヤしながら言う。怒っているわけではないが、少しあきれているようだ。俺は、なにも言えずに加奈を見つめる。膣から溢れているのは、量は少ないながらも間違いなく精液だと思う。

「そんなに興奮した? 私が賢人の精液飲んじゃったの、そんなに嬉しいの?」
 加奈は、賢人から離れて俺の方に来た。そして、足でペニスを踏んでくる。素足で踏まれて、屈辱的なものを感じる。でも、それ以上に興奮してしまう俺がいる……。


 俺は、膣から精液が溢れていることを指摘した。
「え? ホントだ。賢人、ギリギリアウトじゃん」
 加奈は、動揺も見せずにむしろ楽しそうに言う。
「ゴ、ゴメン。気持ちよすぎて……中に出したかったから」
 賢人は罪悪感を感じている顔だ。

「どうせなら、全部出しちゃえばよかったのに」
 加奈は、自分でペニスを引き抜いたのにそんなことを言う。
「じゃあ、次はそうする。まだ出来るでしょ?」
 賢人は興奮した顔だ。確かに、彼のペニスはまだギンギンに勃起している。そのまま続けて出来るみたいだ。

「拓真、どうする? まだやりたいんだって」
 加奈が聞いてくる。俺は、答えに詰まってしまった。俺は、自分のフニャフニャになったペニスを見て敗北感を感じている。
 俺は、一度射精をすると、続けてセックスなんて出来ない。回復するのに、かなりの時間がかかってしまう。そんな気持ちのまま、加奈はどうしたいの? と聞いた。

「そりゃ、したいよ。こんなの見せられたら、子宮うずきっぱなしだし」
 加奈は、いつものぶっきらぼうな感じで言う。俺は、好きにしたらいいと答えた。正直、もっと加奈が乱れる姿を見たいと思っている。

「そう言うと思った。ヘンタイ。……賢人、まずは綺麗にしよっか」
 加奈はそう言ってフェラチオを始めた。加奈の体液や精液でドロドロになったペニスを、気にすることもなく舌で舐めて清めていく。

 お掃除フェラなんて、するようなタイプではない。奉仕をするとか、おねだりをするとか、そんなこととは無縁なタイプだと思っていた。

「ホント、全然違う。うずく……くわえると、子宮の奥がエグいことになる……」
 加奈は、そんな風に言いながら夢中でフェラチオを続ける。もう、お掃除フェラという感じではなく、射精をさせようとしているみたいだ。

「そんなに違うもの? ちょっと大きさが違うだけでしょ?」
賢人が、少し余裕を感じさせる口ぶりで言う。俺は、煽られているような気持ちになるが、結局なにも言えない。敗北感しか感じない状況だ。

「全然違うって。だって、そもそも奥まで届かないし。やっぱり、大っきいので奥までググってされると、牝になる……」
 加奈は、とろけた顔で説明をしながらフェラチオを続けている。絡みつく舌、カリ首に引っかかってまくれ上がる唇……見ているだけでドキドキしてしまう。

「もう、我慢出来ない。入れてくれる? 次は、正常位で……」
 加奈は、いつになく可愛らしい声でおねだりをした。賢人は、すぐに加奈を仰向けで寝かせると、いきり立った巨根を握って膣に擦り付け始めた。
「うぅ……早く……ハメて」
 焦れた声をあげる加奈。こんな切なげで物欲しそうな顔を見せられると、ドキドキしてしまう。

 加奈は、それなりに男性経験が多い方だと思う。可愛らしいし胸も大きい。なによりも、性格もサバサバしているので、加奈とセックスをしたがる男性は多かったことは想像に難くない。

「ハメて欲しいの?」
 ペニスをこすりつけながら、賢人が少しイジワルをしている。加奈は、焦れた顔で
「ハメて欲しい……イジワルしないで。おチンポハメて」
 とおねだりをした。夫としては、妻のこんな姿を見せられたら即死級のショックを受ける。でも、俺はすでにペニスをしごき始めていた。
 勃起していないフニャフニャのペニスでも、しごくと気持ちいい。

「もう少しおねだり出来ない?」
 賢人も、少し調子に乗っている。でも、加奈は嫌がる気配もなく自分の膣を指で拡げた。
「早くおチンポハメて。もう我慢出来ないよ」
 とんでもなく卑猥な姿に、俺はドキドキが止まらない。賢人も、興奮しきった顔でペニスを押し込んだ。

 避妊具なしの生のペニスが、一気に根元まで入ってしまう。
「んうぅっ、大っきい」
 加奈は、嬉しそうに言う。その顔は本当に気持ちよさそうで、より焦燥感が増す。でも、俺はさらに興奮した気持ちでペニスをしごいてしまう。

 こんなに興奮しているのに、まだペニスは固くなってくれない。性能の違いを感じてしまう。
「気持ちいい。加奈ちゃん、正常位好きなの?」
 賢人が聞くと、
「好き……顔見ながらしたいから……」
 と、はにかみながら答える加奈……。こんな仕草はあまり見せることはない。可愛いなと思うが、その可愛さが他の男に向けられていると思うと、嫉妬心がもたげてくる。

 賢人は、加菜の顔を見つめながら腰を振り続ける。立て続けのセックスとは思えないくらいに、力強くて気持ちよさそうだ。
 賢人も加奈も、お互いの顔を見つめている。切なげな顔で、見つめながらあえぐ香奈……。どう見ても、賢人に恋愛感情を持っているとしか思えない。

 すると、二人はほとんど同時に、吸い寄せられるようにキスを始めた。激しく絡み合う舌……荒い呼吸。賢人の腰の動きはさらに力強くなり、肉がぶつかる音が響く。
 こんなにも感情のこもったセックスを見せつけられて、俺は敗北感しかない……。

「好きだよ」
 賢人が加奈を見つめながら言う。加奈は、嬉しそうな顔で、
「好きだよ。ずっと好きだった」
 と言った。少しはにかみながらも、本気の顔……再びキスが始まる。
 キスをしたままのセックスが続き、俺のペニスもようやく勃起し始めた。俺のやっていることは最低だと思う。でも、止められない。

「イクっ、イクっ、賢人、イッちゃうっ!」
 必死の顔の加奈。すると、賢人は動きを止めた。
「ど、どうして? 止めちゃダメっ」
 加奈は、不満そうな顔だ。
「先輩が見てるのに、イッても良いの?」
 賢人は、イジワルな顔になっている。
「うぅ……拓真、イッても良いでしょ? 拓真のじゃないおチンポで、イッても良いでしょ?」
 加奈は、切なげな顔だ。俺は、返事に困りながらも、ペニスをしごき続ける。

「拓真のが届かないところまで愛されてるの。もう我慢出来ないよ。イッても良いでしょ? 拓真のじゃないおチンポで、イッちゃうっ! もう無理っ!」
 叫ぶように言う加奈。もうまったく余裕のない声だ。俺は、良いよと答えた。すると、その言葉を待っていたように賢人が腰を動かし始めた。

「うぅっ、あっ、アンッ、気持ちいいっ、全然違うの。拓真、見える? 大っきいのがここまで入ってきてるっ!」
 加奈は、切羽詰まったような声であえぎながら、ヘソのあたりを押さえる。そんなところまで届くものなんだろうか? 加奈の主観なので、そう感じているだけ? どちらにしても、俺のものではそこまで届かない。

「イクイクっ、イグッ、うぅうっ、拓真、もっと見てっ!」
 加奈は、俺を見つめている。本気でそんなことを言っているのだろうか? 俺は、言われるままに結合部を見つめた。大きなペニスが出入りするたびに、加奈はのけ反ったり足の指を目一杯拡げている。
「あぁ、加奈ちゃん、愛してるよ」
 賢人は、感情をこめて愛をささやく。加奈は嬉しそうな顔になり、
「愛してる。ねぇ、出して。中に欲しいの」
 と、とろけた顔でおねだりをした。賢人は、キスをしながら腰を動かし続ける。加菜の腕が彼の身体に巻き付き、必死で抱きついている。

「んっ、うぅ~~っ」
 うめき声をあげながら、加奈は身体を小さく震わせる。身体の相性が良い……そんな言葉では足りないくらいに、二人は気持ちよさそうなセックスを続けている。
「気持ちいい? もっと感じて欲しい」
 加奈はそう言って彼の乳首を舐めた。少し苦しい体勢だが、加奈は夢中で舐めている。そして、賢人はあえぐようにうめきながら腰を動かし続けている。

 加奈は、必死で奉仕をしている。こんなに献身的なイメージはない。賢人は、余裕のない顔に変わってきている。そして、
「加奈ちゃん、イクよ、中に出すからっ!」
 と言いながらスパートをかけた。加奈は、乳首を舐めることも出来なくなり、歯を食いしばるような顔でうめいている。

 そして、賢人は思いきり腰を押し込むようにしながら、射精を始めた。
「ううぅうぅ~~~っ!」
 加奈は、歯を食いしばるような顔でうめく。気持ちよさそうと言うよりも、必死だなと思う顔だ。
「愛してる……」
 中に出し、心をこめて言う賢人。加奈は、うっとりと幸せそうな顔で賢人を見つめている。俺は、存在を無視されているような切ない気持ちになってきた。でも、俺はペニスをしごき続けている……。

 二人は、繋がったまま何度もキスをしている。
「妊娠したらどうする気?」
 おどけたように言う加奈。
「結婚しちゃおっか」
 賢人は、真剣なのかふざけているのかわかりづらい口調だ。
「バカ……」
 加奈は、そうは言ってもまんざらでもない顔だ。

「拓真、なんでイカなかったの?」
 急に俺に話を戻した加奈……。俺は、ペニスを握ったまま硬直してしまった。
「イカせてあげようか?」
 そう言って、加奈は賢人の下からスルリと抜け出した。他人とセックスをして中に出された加奈の身体……いつも以上に卑猥でなまめかしく感じる。

「フフ、大っきくなってるね。小っちゃいけど」
 おどけたように笑いながら、俺のペニスを踏んできた。指先で押しつけられるように踏まれて、一瞬痛いと感じた。でも、加奈が指先で押すように、さするように触ると一気に射精感が高まる。

「もっとカチカチになった。踏まれて気持ちいいの? 賢人は、オマンコの中に生で入れてるのに?」
 煽るように挑発する加奈に、切ない気持ちが膨らむ。でも、足の指での刺激で、さらに限界が近づいてくる。

「出しちゃうの? 良いの? オマンコの中に出さずに、床にぶちまけちゃうんだね」
 加奈は、挑発的な口ぶりだ。そして、さらにグイグイと踏んでくる……すると、脚を軽く拡げて膣から精液を溢れさせた。
「フフ、こんなに出されちゃった。受精してるかも」
 加奈は、嬉しそうだ。俺は、危機感でいっぱいだ……。
「良いの? 今ならまだ間に合うかもよ。拓真も中に出したら? 勝てるかも」
 加奈は、ペニスをグイグイ踏みつけながら言う。俺は、射精寸前になりながらも、結局何も行動出来ない。

 膣から溢れ出る賢人の精液と、ペニスを踏みつけられる快感……自分でも、こんなに快感を感じる理由がわからない。
「フフ、もう限界だね。良いよ、床に出してみて。賢人はオマンコの中に出したけど、拓真は床にぶちまけて」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています
《アマゾンKindle内の私のページです。新作がどんどん増えています!》



Kindleで電子書籍にしました

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られ体験談や人妻との体験談を中心とした、ここだけのオリジナル作品です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です。
http://kokuhakutaiken.com/blog-entry-6389.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、このTwitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/hmoetaiken

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

検索フォーム

kindle出版しました












PRエリア