姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下6(マガブロ 転載不可)

前回の話

 涼子が、明らかに今までとは違いすぎるリアクションをしている。素直にありがとうと言った……。研二に対して、心を開きすぎているのではないか? そんな不安を感じるような態度だ。

「もっとキスしても良いですか?」
 研二が真面目な顔で聞くと、
「べ、別に好きにしたら良いけど……」
 と、涼子は妙にドギマギしたような顔で言う。正直、かなり危機感が強くなってきた。まるで、女の子になってしまったみたいなリアクションをしている。いつもの強気など、どこにもないような態度だ。


 研二は、嬉しそうにキスをする。涼子のことを抱きしめながら、本気のキスをしているように見える。そして、そのまま長いキスが続く。
 涼子はすぐに自分からも舌を絡めていき、研二に抱きつくような状態になっている。朝っぱらから、こんなにもガチのキスを始めるなんて、この先どうなるのだろう? 心配で仕方ない。

「も、もう良いだろ? いくらなんでも長すぎる」
 涼子は、かなり照れたような口調で言う。でも、研二はまたすぐに涼子を抱きしめてキスをする。涼子は、戸惑いながらも舌を絡めている。
 もう、10分くらいキスをしていると思う。涼子は、時折心配そうにこっちを見たりもする。でも、徐々にこちらを見ることもなくなってきて、夢中でキスをしているような態度になってきた。

 涼子は、全力でキスをしているように見える。いつの間にか、研二よりも熱心にキスをしている感じだ。そして、思い切り抱きしめるようにしながら舌を激しく絡め、身体をブルッと震わせるようにした。
「涼子さん、キスでイキましたね。そんなにキスが好きですか?」
 研二は、得意気に言う。
「べ、別に……まぁ、少しは……」
 涼子は、やっぱり顔を赤くして恥ずかしそうになっている。どんどん乙女になっていく……そう思うと、不安しか感じない。
「涼子さん、口開けてみて下さい」
 研二が指示をすると、涼子は素直に口を開ける。研二は、涼子のアゴを持って上を向かせると、唾液を垂らし始めた。けっこうな塊が、涼子の口の中に入っていく……。
 涼子は一瞬目を大きく見開いたが、それをあっさりと飲み干してしまった。そして、はにかむように自分から研二にキスをした。

 そしてしばらくキスをした後、研二はキスをやめた。
「なんか、思ったより本気のキスになっちゃいましたね」
 研二がニコニコしながら言うと、
「ほら、続けるぞ」
 と、やっぱり恥ずかしそうに言う涼子。
「でも、先に朝食食べましょうよ」
 研二は、そんな風に言って食卓についた。涼子は、見てわかるほどガッカリした感じになる。でも、何も言わずに研二の前にひざまずき、彼のズボンを降ろし始めた。
「我慢出来なくなっちゃいました?」
 研二がニヤニヤしながら言うと、
「別に」
 と、涼子は素っ気なく答える。でも、すでにズボンは膝まで降ろされているし、パンツにまで指をかけている。
「ビッグフランクフルトが食べたくなっちゃいました?」
 研二はふざけた口調だ。涼子は、それには何も答えない。そして、無言のまま研二のペニスをくわえていく。それは、すごく心のこもったように見えるフェラチオだ。
「そんなに我慢出来ないんですか?」
 研二がドヤ顔で聞く。でも、すぐに、
「いたたたた! ち、千切れますって!」
 と、痛そうな顔に変わった。涼子は、研二のペニスを噛んでいるみたいだ。
「余計なこと言うと、噛み千切るぞ」
 急にいつもの涼子が出てきた。涼子らしい一面を見て、少しホッとした。

「じゃあ、黙ってハメます! どっちに欲しいですか?」
 研二は、まだ少し痛そうな顔のままだ。涼子は、なにもも答えずに椅子に座っている研二の上にまたがって行く。そして、彼のペニスを掴むと、自らアナルに導いていった……。
「うぅっ、あぁ、太い……」
 涼子は、すぐに甘いような声を漏らす。ついさっき、朝からアナルセックスをしたばかりなのに、またすぐにアナルセックスを始めてしまった……。
 10年以上アナルセックスをしていなかったと言っていた。久しぶりにしたら、そんなに気持ちよかったのだろうか?
「ホント、お尻大好きなんですね。10年してなかったって、嘘くさいです」
 研二がどちらかというとからかうような口調で言う。
「してないって言ってるだろ。いいから、黙ってろ」
 涼子は、いつもの男っぽい口調だ。でも、明らかにいつもと違ってとろけているような感じだ。
「じゃあ、黙って動きます」
 そう言って、研二は腰を突き上げるように動かし始めた。
「うぅっ、あっ、ンッ、うぅっ、あっ、もっとっ」
 涼子は、すぐにあえぎ始めた。そして、研二にしがみつくようになり、あっさりと感じ始めてしまった。アナルを犯されて感じている涼子を見て、猛烈な興奮を感じてしまう。そして、今さらかっこ付ける必要もないと思い、ペニスを出してオナニーを始めた。
「な、なに出してんだよ。朝っぱらからオナニーなんて、いかれてるのか?」
 涼子は、私のオナニーを見ながらあきれたように言う。でも、言っている涼子はアナルを激しく犯されながら恍惚とした顔になっている。

「先輩、めちゃくちゃ見てますよ。涼子がさんがケツマンコほじられてよがってるの見てる」
 研二は、さっきまでのビビりモードが消えている。本当に楽しそうに、本当に気持ちよさそうに腰を突き上げながら、涼子のことを言葉責めっぽく責める。
「うぅ、見るな……ダメ……あぁ、見られてると……うぅっ、火がつく……ヒィうぅ」
 涼子は、真っ直ぐに私のことを見つめながらあえぐ。罪悪感を感じているようでもあるが、興奮しているようにも見える。

「やっぱりそうだ! 先輩のこと言ったらもっと締まってきた」
 研二は、名探偵登場! という感じで言う。
「ち、違う……うぅ、あぁ、ダメ、もうイク、うぅぅっ、ストップ、もう、あぁっ、ヒィッ、うぅっ」
 涼子は、余裕の全くないような声で言う。でも、研二は力強く腰を突き上げ続ける。意外なほど力強い。
「ほらほら、見てますよ。先輩、涼子さんのこと見ながらオナってる」
 研二が楽しそうに言う。私は、そんな涼子を見ながらオナニーを続ける。本当に気持ちいい。こんな快感を知ってしまったら、私も抜け出せそうにない。

「気持ちいいっ、もっとっ! 強く、うぅっ、あぁ、イクっ、イッちゃうっ、直道、見るな……見ないで、うぅっ、あっ、イクっ、イクっ、ケツマンコイクっ!」
 涼子は、我を忘れたように叫ぶ。そして、研二は動きを加速する。激しく突き上げられ、涼子はさらに追い詰められたような顔になった。
 なんとなくわかっていたが、明らかに膣でのセックスよりもリアクションが大きい。アナルの方が気持ちいいのだろうか?

「ほら、先輩にイッていいか聞かないと」
 研二は、さらに調子に乗っている。意外なSキャラぶりに驚かされる。
「うぅああっ、直道、イクっ、イッて良い? ケツマンコでイッても良い?」
 涼子は、信じられないような言葉を口にする。いつも強気で男勝りな涼子が、弱々しくこんな事を聞いてくる……。私は、心底驚きながらもペニスをしごき続ける。もう、オナニーをとめることが出来ない。
 涼子は、何かを堪えるような顔で私を見つめる。私はうなずいた。すると、涼子は堪えきれなくなったように研二にキスをした。
 涼子の腕の筋肉が盛り上がる。全力で抱きついているようだ。そして、研二も舌を激しく絡めながら腰を突き上げ続ける。涼子の身体が、上下に踊るように動く。肉と肉がぶつかる音も大きい。それにしても、やっぱり力強い動きだ。
 すると、突然ビチャビチャッと水が床に落ちる音が響く。
「ダメぇっ、ストップ、もう無理、ううぁっ、とめてっ、イヤ、イヤァ!」
 涼子が、信じられないくらいに弱々しい声で言う。でも、研二は腰を突き上げ続ける。みるみる床は水たまりが出来ていく。
「メチャ潮吹きしますね。そんな気持ちいいっすか?」
 研二は、本当に満足そうだ。
「イヤッ、ダメっ、止まらないっ、うぅっ、見ないで、直道、見ないで……」
 涼子は、泣きそうな声で言う。そして、直後に涼子はのけ反りながら硬直した。全身に力が入っているようで、不規則に痙攣するような動きをする。

 研二は、やっと動きをとめた。
「めちゃくちゃ感じてましたね。でも、先輩まだイッてないですよ。どうですか? 一緒に協力プレイしても良いですか?」
 研二は、勝手に話を進めていく。涼子は、荒い息遣いのまま、声も出ないみたいだ。研二は、涼子を持ち上げるようにして後ろを向かせる。ペニスを入れたまま、涼子を私の方に向かせてしまった。
 涼子は、だらしなく脚を拡げている。アナルに入ったままのペニス……そして、恐ろしいほどに濡れている膣。よく見ると、精液が少し流れ出てきてしまっている。
 昨日の夜の精液……中出しを許してしまうなんて、いくらなんでもやり過ぎだったと思う。でも、涼子の膣から他人の精液があふれ出ていると思うと、それだけで信じられないくらいに興奮してしまう。

「先輩、入れてみてください」
 研二が涼子の脚を抱えるようにして言う。アナルに入れた状態で、膣にも入れる? そんな事が出来るのだろうか? 涼子は、弱々し顔で私を見つめている。
「……大丈夫だから。来て」
 涼子も、拒否するどころか誘ってきた。私は、吸い寄せられるように涼子の前に立ち、ペニスを握って膣にこすりつけた。
「うぅっ、固い……なんでこんなに固いんだよ……ドヘンタイ」
 涼子は、とろけた顔のまま憎まれ口を叩く。涼子は、こんなセックスの経験もあるんだろうか? アナルセックスの経験があると言うことは、それなりに経験をしてきたと言うことだと思う。
 過去に嫉妬しても仕方ないが、それでも色々考えて嫉妬してしまう。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ性癖の管理人のおすすめ

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 500

紹介文:寝取られ体験談や人妻との体験談を中心とした、ここだけのオリジナル作品です。

月に4回程度更新いたします。寝取られ性癖のない方には、刺激が強いと思います。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です。
http://kokuhakutaiken.com/blog-entry-6389.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、このTwitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/hmoetaiken

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

検索フォーム

kindle出版しました