倉田有稀子の告白 3



結婚から六年。

それまで信じていた妻の不倫。夫の直樹は
調査資料を前に妻・有稀子(あきこ)を詰問する。

有稀子は予想外にも最初から不倫の事実を認め
夫の疑念に対して、自らの言葉で語り始める――



  
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた5
・私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った5
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻

Kindle新作

電子書籍

Kindle新作

ハード系

寝取られ性癖の管理人のおすすめ

検索フォーム

kindle出版しました