コンカフェの人気キャストの妻が、客を育てていたー完ー(マガブロ 転載禁止)

 お店の中の隠し撮り動画は強烈だった。コンカフェは、気になって他の店を見に行ったことはあったが、愛里沙のお店は、まるでキャバクラとかホストクラブみたいな感じがする。シャンパンタワーに、ホストクラブみたいなコール。愛里沙は、嬉しそうに微笑みながらあの鈴木くんと並んでいる。
 いったい、いくら使っているのだろう? 心配になってしまう。そして、愛里沙は彼の横に座ったりしてお話をしている。これは、接客になるのではないか? コンカフェでは、してはいけないことだったと思う。
 動画は、愛里沙が頻繁に彼の身体に触れていることまで撮している。股間の上に手を置いたりしたところまで映っていた。こんな隠し撮りが上手く出来ていることにも驚かされるし、愛里沙がこんな事までしていることにも驚かされる。


 動画は、愛里沙がイチャイチャしている姿を撮し続ける。愛里沙は、本当に楽しそうにしている。そして、動画は場面が転換し、鈴木くんの自宅になった。二人は、一緒に部屋に入ってきた。愛里沙はツインテールのままで、お店にいたときの雰囲気のままだ。
 二人は、部屋に入るなり抱き合ってキスをした。どう見ても、感情のこもったようなキスに見える。そして、愛里沙はひざまずくようにしゃがむと、彼のズボンのファスナーに指をかけた。
「今日は、ありがとう。でも、本当にムリしないで。もう、あんなことしなくても良いよ。愛してる」
 愛里沙は、そんな事を言いながらフェラチオを始めた。やっぱり、心がこもったようにしか見えないフェラチオ……熱心に、丁寧にしている。
「だって、アイツがシャンパン入れたから……負けられないよ」
 鈴木くんは、嫉妬したような様子だ。動画には映っていなかったが、愛里沙にシャンパンを入れた客に対して、対抗心からシャンパンタワーをしたようだ。
 ホストクラブで、女性達が同じようなことをすると聞いたことがある。それは、この界隈でも同じみたいだ。愛里沙は、いったいどれほどの収入があるのだろう? なにに使っている? 贅沢をしているわけでもないし、借金でもあるのだろうか?

「ありがとう。でも、とおるは特別だよ。お店だって、来なくても良いのに。愛してる」
 そう言いながら、フェラチオを続ける愛里沙。動画で見る限り、愛里沙は彼とのセックスをとても楽しんでいるように思える。彼に関しては、お金ではなくセックスのために会っているのだろうか? それとも、本当に愛してしまった? 僕は、不安で仕方ない。でも、日頃の態度を見ている限り、愛里沙は僕に対する愛情は失っていないと思う。

「本当に素敵だよ。このおチンポ、気持ちよすぎておかしくなりそうだよ」
 愛里沙は、そんな事を言いながらフェラチオを続ける。声がうわずっていて、興奮しているのが伝わってくる。鈴木くんも、嬉しそうな顔で愛里沙の頭を撫でたりしながら、服を脱いでいく。愛里沙は、夢中でフェラチオを続ける。スカートの中に手を差し込み、まさぐり始めてもいる。
 本当に欲しくてたまらない……そんな雰囲気でフェラチオを続けている。そして、愛里沙は彼を押し倒すと、着衣のまま彼にまたがって挿入してしまった。
「うぅっ、あぁ、当たる、おチンポ当たってるよ。気持ちいい。とおる、愛してる」
 愛里沙は、興奮した声で言いながら腰を振り始めた。なまめかしく動く腰、そして、本気で感じている顔。見ていられない光景なのに、どうしても目が離せないし興奮してしまう。愛里沙は、腰を動かしながら服も脱いでいく。そして、スカートだけの姿になりながら腰を振り続ける。
 小ぶりな胸が、愛里沙の動きに合わせて揺れる。小柄な身体の愛里沙がツインテールで可愛らしいメイクまでしていると、イケないことをしているような光景に見える。でも、愛里沙の腰の動きは激しく滑らかで、見た目とのギャップが大きい。

「愛里沙、もう出ちゃうよ。ヤバい」
 鈴木くんは、あっけなく限界を迎えた。でも、愛里沙はすぐに彼に上からどいてしまって射精させない。
「愛里沙、どうして?」
「まだダメ。もっと気持ちよくなって」
 そう言って、愛里沙は彼の乳首を舐め始めた。イヤらしく舌を使い、指でも刺激している。鈴木くんは、切なげな声を上げている。本当に気持ちよさそうだが、射精したくてたまらないという雰囲気だ。
「もう、出したい……愛里沙、お願い」
 鈴木くんは、必死で脚に力を入れている。でも、愛里沙は撫でるように触るばかりで射精させようとはしていない。
「もっと我慢して。その方が、気持ちいいよ。そうだ、こっちも舐めてあげる」
 愛里沙は、そう言って彼のアナルを舐め始めた。
「ダ、ダメだよ、汚いから!」
 慌てる彼。でも、愛里沙はかまわずに舐め続けている。そればかりか、手で乳首とペニスまで刺激をしている。鈴木くんは、切なげな顔であえぐ。まるで、男女が入れ替わったような光景だ。
「フフ、カチカチになってきた。凄いね、鉄みたいだよ」
 愛里沙は、嬉しそうに言いながらアナルを舐め続ける。
「あぁ、愛里沙……」
 鈴木くんは、今にも泣きそうな声だ。

「本当に固い……カチカチだね。そうだ、これ付けてあげる」
 そう言って、愛里沙は彼のペニスに輪っかのようなものを装着し始めた。それは、ペニスの根元を締め付けるような形状だ。でも、睾丸をグルッと一周するようなバンドも付いている。
「凄い、もっと固くなった。カチカチだね。これで、出したくても簡単には出せないよ」
 愛里沙はそう言って、再び彼にまたがり始めた。スカートも脱ぎ、全くの全裸で挿入している。やっぱり、幼く見える。ツルツルのヘアも、より彼女を幼く見せている。バンドを着けられた彼のペニスは、見てわかるほどサイズが増した。
 竿には血管が浮き出ているし、カリ首が拡がったのがわかる。
「うぅああぁ、拡がってる。おチンポゴリゴリこすれるよ」
 愛里沙は、気持ちよさそうな声を漏らしながら腰を一気に下ろしていく。もう、避妊なんて少しも考えていないみたいだ。でも、僕とも避妊なしでセックスをしているので、妊娠してしまったらどうするつもりだろう? もしかして、ナイショでピルを飲んだりしているのだろうか?
 愛里沙のことが、怖くなってしまった。なにを考えているのか、なにが目的なのかまったく想像も出来ない。

「愛里沙……出そう……なのに……出ない」
 苦しげな彼。
「フフ、もっと頑張って。おチンポカチカチで気持ちいいよ。愛してる」
 愛里沙は、そう言って腰を上下に動かし続けている。
「あっアンッ、気持ちいい。こすれる。ゴリゴリこすれてるの。こんなの初めて。気持ちよくて、もうイキそう」
 愛里沙も、いつも以上に感じている。そんなに変わるのだろうか? 根元を締め付けられて、射精が出来なくなるのはツラいはずだ。そして、うっ血するからペニスがより固くなる……こんなグッズがあることに驚かされる。そして、愛里沙はそこまでしてセックスの快感を得たいのだろうか?

「イクっ、おチンポ固いっ、気持ちいいっ! おチンポイグゥ」
 愛里沙は、身体をのけ反らせながら叫ぶ。でも、腰の動きは止まらない。それどころか、自らクリトリスをまさぐり始めた。愛里沙は、とろけきった顔で叫びながら狂ったように腰を振り、クリトリスもまさぐる。鈴木くんは、切なげな顔で愛里沙を見つめている。
「もう、出したい。お願い……愛里沙ちゃん、これ外して」
 鈴木くんは、泣き声だ。でも、愛里沙は無視して腰を動かし続ける。そして、彼の乳首を指で刺激する。
「あぁ、愛里沙……お願い……」
 鈴木くんは限界みたいだ。
「お願い? なにを?」
 意地悪な顔で言う愛里沙。
「外して。射精させて……」
 鈴木くんはすっかりと弱気な顔だ。
「フフ、もっと頑張って。それつけてても、ちゃんと出せるから。もっともっと感じたら、気持ちいい射精できるからね」
 愛里沙は、妖艶に微笑む。まるっきり、痴女のようになってしまっている。こんなやり方は、今までなかったはずだ。鈴木くんに対しては、色々な面で特別なことをしているようだ。

「あぁ、限界だよ……」
 苦しげにうめく彼。でも、愛里沙は指で乳首を刺激しながら腰を動かし続ける。楽しそうで気持ちよさそうな顔は、小悪魔かと思うほどだ。
「凄いよ、カチカチ。もっと固くなってる。こんなに我慢して出したら、子宮の中まで突き刺さりそうだね。孕ませて。愛してるよ」
 愛里沙は、うわずった声で言いながら腰を動かし続ける。完全に彼をコントロールしている。愛里沙は、こんな風にお客さんを言いなりにしているのだろうか? 
「来週の生誕祭は来てくれるの? 忙しかったら、別に来なくても良いよ。でも、とおるがいたら嬉しいな……」
 愛里沙は、意味のわからないことを言い始めた。愛里沙の誕生日は、まだ4ヶ月も先だ。
「行くよ。行くに決まってる。誰にも負けないから」
「ムリしないで。来てくれるだけで嬉しいもん」
「そんなのダメだよ。だって、愛里沙が他のテーブルに行くの耐えられない」
「でも、その後こうやって会えばいいでしょ? とおるとは付き合ってるんだから」
「それでも、ダメだよ。負けたくない」
 愛里沙は、腰をくねらせるように動かしながら会話を続けている。そして、愛里沙は覆い被さるようにキスを始めた。キスをしながら、狂ったように腰を動かしている。その動きは、僕がスパートをかけたとき以上に激しく見える。

 鈴木くんは、うめきっぱなしだ。夢中で抱きつきながらうめいている。愛里沙は、男性が犯すように腰を動かしながらキスを続けている。愛里沙自身も、うめいているし何度も身体を震わせている。いったい、愛里沙の小さな身体のどこに、こんなスタミナがあるんだろう? そんな風に思ってしまう。
 僕は、愛里沙のあまりにもはしたない姿を見ながら、堪えきれずにオナニーを始めた。僕のペニスは、彼のペニスと比べるとのっぺりしている。カリ首の段差が、あまりない。僕では、愛里沙を満足させることなんて出来ないと思う。
 鈴木くんを、半ば犯しているような愛里沙。かなりの時間が経っている。愛里沙は、動きが止まらない。うめき声も大きくなっているし、汗も光っている。
「んおぉっ、イグイグッ、オマンコ壊れるっ」
 愛里沙は、叫びながら身体を震わせる。そして、鈴木くんも、
「で、出る、あぁ、ヤバい、こんな……うぅっ、うぅうぅ~~っ」
 鈴木くんは、切羽詰まったような声を上げながらうめいた。愛里沙は、身体をビクンと跳ねさせるように震わせて彼にキスを始めた。鈴木くんは、うめきながら舌を絡めている。長いキスだ……鈴木くんのうめき声は、普通の射精では考えられないほど長い。

 そして、やっとキスが終わった。
「どうだった? 凄かったでしょ」
「凄かった……気持ちよすぎて、怖いくらいだったよ……」
 鈴木くんは、グッタリしている。もう、精も根も尽きたようだ。でも、愛里沙は彼のペニスをお掃除フェラし始めた。それは、綺麗に清めると言うよりは、再び勃起させようとしているように見える。
「愛里沙、もう無理だよ……」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

コンカフェの人気キャストの妻が、客を育てていた5(オリジナル 転載禁止)

 道夫君は、慌てて愛里沙にキスをした。愛里沙も、すぐに彼に抱きついて舌を絡めている。道夫君は、ぎこちなく腰を動かしている。パッと見ただけでも、女性経験が少ないのがわかる動きだ。
「んっ、うぅ~ッ、んぅふぅ」
 キスをしたままうめき続ける愛里沙。道夫君は、少しずつ動きが滑らかになってきた。でも、急に身体を震わせ、動きが止まった……。

「フフ、気持ちよかった?」
 愛里沙は、満面の笑みを浮かべながら聞く。その表情は、とても優しげに見える。とても、彼を罠にはめてお金を引っ張ろうとしているようには思えない。愛里沙は、属性が悪なんだろうか? 普段の彼女を見ていると、とても性悪女とは思えない。でも、枕営業はしているし、鈴木くんとは完全に不倫関係になっていると思う。
 僕に対する裏切りを考えると、酷い女という事になると思う……。でも、僕はこの期に及んでも、彼女のことを好きという気持ちが減衰していない。むしろ、独占欲やジェラシーで執着心が増しているように思う。


「最高だった……俺なんかとこんなことしてくれて、信じられないよ」
 道夫君は、感動している。確かに、一見オシャレっぽい髪型に服装だが、どちらかというとルックスは悪い方だ。なによりも、しゃべり方がオタク特有の独特の感じだ。
「そんなこと言わないで。私は、道夫君のこと好きだよ。こんなお店で出会わなかったら、彼女にしてもらいたいなって思うもん」
 愛里沙は、恐ろしいことを言っている。完全に、彼をはめ込もうとしている……。
「ほ、本当に? お店やめられたら、付き合ってほしい……俺、頑張ってヒナちゃんの借金減らせるようにする。シャンパンタワーもいっぱいするから」
「無理しないで。こんな風に、会えるだけで幸せだよ」
 愛里沙は、本当に嬉しそうな顔でキスをした。こんな事までされたら、モテない男はイチコロのはずだ。そう考えると、なんで僕と結婚したのだろう? 全てが平凡な僕と、どうして結婚してくれたのだろう? そんな疑念を感じる。

 そして、二人はネットカフェを出た。愛里沙は、頻繁にこの店を利用している。よく出禁にならないなと思う。声を抑える努力はしていると思うが、それでもバレバレだと思う。やっぱり、こんな街中の繁華街なので、ある程度は大目に見ているのだろうか?
 動画は、まだあった。それは、前の二本と比べものにならないくらいにヤバいものだった。動画は、鈴木くんの部屋から始まった。ごく普通のワンルーム。そのベッドの上に座った鈴木くんの前に、下着姿の愛里沙がひざまずいてフェラチオしている。
 最初はホテルか何かの盗撮だと思ったが、どう見ても彼の部屋だと思う。いったい、どうやって撮影したのだろう? どう考えても、非合法の方法だと思う。

「大っきいね。とおる君の舐めてるだけで、イキそうになっちゃう。ゴメンね、エッチな女の子で」
 愛里沙は、甘えた声で言う。でも、そんな言葉を口にしながらも、彼のペニスをしごいている。もう、挿入してほしくて仕方ない……そんな気持ちがすすけて見えるようだ。
「愛里沙、もう入れたい。我慢出来ないよ」
 鈴木くんは、すっかりと彼氏顔だ。自分の妻を呼び捨てにされる……許せないという気持ちが湧くわりに、僕はもう勃起している。
「ダメ。もっと感じてほしい。いっぱい気持ちよくなって、もっとおちんちんガチガチに固くして」
 愛里沙は、妖艶に微笑みにながらフェラチオを続けている。この動画を元に、離婚することは出来るはずだ。慰謝料も取れる……そんなことを思っているのに、僕はペニスを出してしごき始めた。

「あぁ、愛里沙……出ちゃうよ。そんなにしたら、射精しちゃう」
 鈴木くんは、余裕のない声で言う。愛里沙は、いらずらっぽく笑いながら焦らすようにカリ首や睾丸を舐め続ける。それは、射精させようという意識がない感じだ。焦らし、興奮させる……そんなやり方に見える。
「凄い……カチカチだよ。いっぱい溜めてたの?」
 愛里沙は、嬉しそうに言う。確かに。画面越しに見ても彼のペニスはビキビキに勃起しているように見える。
「うん。だって、なかなか会えないから……」
「ゴメンね、おばあちゃんの介護がなければ、もっと会えるんだけど……」
「仕方ないよ! 俺、我慢する!」
「ありがとう。愛してるよ。いつも会いたいって思ってる」
 僕は、怖くなってしまった。いくらなんでも、ウソをつきすぎている。会えない理由が、おばあちゃんの介護? 愛里沙のおばあちゃんは、趣味のトレッキングで毎週末山に行ってるくらい元気だ。
「愛里沙、もう無理……限界だよ」
 すると、愛里沙はベッドに寝転がって、
「鈴木くんの好きなようにして……愛してる」
 と、牝の顔で言った。本当に愛を感じてしまうような表情で、とても演技には見えない。でも、他の男性に対する演技を見ていると、鈴木くんに対しても演技しているのかな? と思ってしまう。
 そう言えば、鈴木くんは親の遺産を相続したというようなことを言っていた。もしかして、それを狙っている? 知らない方が幸せ……そんな言葉が頭をよぎる。

 鈴木くんは、すぐに愛里沙に覆い被さってキスを始めた。嬉しそうに、熱心にキスをしている。そして、ブラジャーを外すと、小ぶりな胸を揉みながら乳首を舐め始めた。
 ツインテールでただでさえロリっぽい愛里沙……体型も少女のようだ。鈴木くんは、夢中で愛里沙の乳首を舐め続ける。それほど上手ではないが、とにかく一生懸命だ。
「気持ちいいよ。とおる、噛んでみて」
 愛里沙は、うっとりとした顔でおねだりをする。鈴木くんは、恐る恐るという感じで愛里沙の乳首に歯を立てた。
「ヒィッ、うぅあぁ、もっと……強くぅ」
 とろけた声の愛里沙。僕は、他の男に感じさせられている愛里沙を見ながら、狂ったようにペニスをしごいてしまう。鈴木くんは、恐る恐る噛み続ける。乳首が変形して、結構な強さで噛まれているのがわかる。
「あぁっ、あっ、イクっ、イッちゃうっ、もっとっ!」
 愛里沙は、乳首を噛まれながらあえぐ。痛みは感じていないようで、本当に気持ちよさそうだ。そして、愛里沙がブルッと身体を震わせると、
「イッたの?」
 と、鈴木くんが嬉しそうに聞いた。
「イッちゃった。とおる、上手になったよ。ねぇ、早くハメて。我慢出来ない」
 焦れた顔でおねだりをする愛里沙。この表情も、とても演技とは思えない。

 鈴木くんは、愛里沙のショーツに指をかけて脱がせていく。ツルツルの秘部に、小さなビラビラ。やっぱり、こんな所も少女のようだ。こうやって全裸になると、余計に幼く見える。鈴木くんは、むしゃぶりつくように愛里沙の秘部を舐め始めた。
「あっ、んっ、ダメぇ、恥ずかしいよ。入れて。もう入れて欲しいのっ」
 愛里沙は、あえぎ声混じりに言う。でも、鈴木くんは夢中でクリトリスを舐め続けている。テクニックがあると言うよりは、勢いがある舐め方だ。それでも愛里沙はとろけた顔であえぎ続けている。
 どうやって撮影したのかわからないが、完全に非合法だと思う。愛里沙は、のけ反りあえぐ。口の周りを光らせながら、鈴木くんは夢中で舐めている。そのそそり立ったペニスを見ると、圧倒的な敗北感にさいなまれる。見た目はごく普通のオタクっぽい男性なのに、ペニスの立派さはアダルトビデオの男優かと思うほどだ。
 さっきの動画の男の子もそこそこのサイズだったが、比べものにならないほどに大きい。
「溢れてくる……もっと感じて。愛里沙、愛してる」
 鈴木くんは、嬉しそうに舐め続けている。愛里沙は、腰が軽く浮いてきている。シーツを握りしめる手にも力が入っているようで、すでにシーツはグチャグチャに乱れている。
「ダメぇ、イクっ、イクぅっ!」
 愛里沙は、立て続けに果てた。そんなに気持ちいいのだろうか? これも演技? もう、愛里沙の全てが疑わしく思えてしまう。

「入れるよ……コンドームつけるね」
 興奮した顔のまま、ベッド脇のテーブルからコンドームを手に取る彼。
「そのままで良いから……来て。大丈夫」
 愛里沙は、堪えきれないという顔で言う。
「う、うん。入れるね」
 彼は、慌てて愛里沙に覆い被さる。そのいきり立ったペニスを、避妊具もなしに挿入してしまった。
「アガッ、あぁ、大きい……とおる、気持ちいいよ」
 一瞬でとろけた顔になる愛里沙。また避妊具なしで繋がってしまった。さっきの動画ではちゃんと装着していたので、相手を見ているのだと思う。鈴木くんだけ……だと思うが、もしかしたら違うのだろうか?

「あっ、アンッ、気持ちいいっ、奥に当たってる。とおる、キスして。愛してるっ」
 愛里沙は、牝の顔であえぐ。気持ちよすぎてとろけきった顔は、まるで泣いているようだ。鈴木くんは、すぐに焦ったようにキスをした。愛里沙は、しがみつくように抱きつきながら舌を絡める。
 鈴木くんは、腰を激しく動かし続けている。すっかりと滑らかになった腰の動きに、二人は何回セックスをしたのだろう? と、色々考えてしまう。でも、そんなことを考えて暗い気持ちになっているのに、オナニーの手は止まらない……。

「イクっ、イグッ、んおぉっ、おぉぉおっ、もっとっ!」
 愛里沙は、快感に取り憑かれたような顔だ。この姿を見ていると、恋愛感情というよりも、セックスの快感に取り憑かれているだけのようにも思える。
「愛里沙、気持ちいい? 今までで一番?」
 鈴木くんは、すっかりと彼氏の態度だ。愛里沙の過去に嫉妬しているのだろうか? 泣きそうな顔だ。
「一番だよ。とおるが一番。愛してる。一番愛してる」
 愛里沙は、熱をこめて言う。最悪な言葉を聞かされているのに、僕はさらに射精感が増してしまう。
「愛里沙、もう出る。中に出すからっ」
 鈴木くんは、追い詰められたような声で言う。
「イッてっ! 中に出してっ!」
 愛里沙が叫ぶと同時に、彼は腰を押し込みながら射精を始めた。うめくように叫びながら、愛里沙がキスをしている。絡み合う舌、抱きしめある二人。感情のこもったセックスとしか思えない。僕は、幸せそうに舌を絡める愛里沙を見ながら、あっけなく射精した……。もう、僕にとってはこっちの方が気持ちいい。普通にセックスをするよりも、はるかに快感が強い。

「ねぇ、私のこと好き?」
 甘えたように質問する愛里沙。
「も、もちろんだよ。愛してる」
 鈴木くんは、真剣な顔だ。でも、愛里沙が既婚者だと知ったら、その顔はどうなるのだろう?
「嬉しい……ずっと一緒にいたいな」
 甘えた声で言う愛里沙。僕以外の男性に、こんな態度を取っていることがどうしても信じられない。愛里沙は、そのまま彼のペニスを口で清め始めた。幸せそうにお掃除フェラチオをする愛里沙を見て、僕は強すぎる嫉妬と興奮を感じてしまう。
「愛里沙、もう充分だよ」
 鈴木くんが優しい声で言うが、愛里沙は夢中でお掃除フェラチオを続ける。どんな気持ちなんだろう? 彼への愛なんだろうか? それとも、ただ快感のため?
「まだ出来るよね?」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

コンカフェの人気キャストの妻が、客を育てていた4(マガブロ 転載禁止)

「ちょっ、ヒナちゃん、待って、シャワー浴びてないよ!」
 鈴木くんの慌てた声が響く。
「そんなの良いから、早くハメてっ!」
 愛里沙は、イラッとしたような声で言う。こんなにも火がついてしまっていることに、ただただ驚かされた。
「う、うん。コンドームは」
 彼が言い終わらないうちに、
「そんなの良いから、早く入れてっ!」
 と、愛里沙は焦れきったような声で指示をする。もう、命令しているような口ぶりだ。
「は、はいっ」
「うぅっ、あぁ、これ、これが欲しかったのぉ」
「あぁ、ヒナちゃん……凄い……」
 想像していたものとはまるで違う音声だ。これでは、まるで愛里沙が本気になっているみたいだ。営業活動……常連にお金を使わせるための、枕営業……そんなことだと思っていた。


「動いて、メチャクチャにして」
 愛里沙は、今までに聞いたことのない声色で指示をしている。甘えたような、媚びたような声だ。
「う、うん」
 鈴木くんは、圧倒されている感じだ。この前まで童貞だったので、女性に対して慣れていないのだと思う。
「あっ、アンッ、すごいっ、もっと強くっ!」
 愛里沙は、あっけなくあえぎ始めた。僕とセックスしているときとはまるで違う声だ。気持ちよさそうで、切羽詰まったようでもある。
「ダ、ダメです、もう出ちゃいそう」
 鈴木くんは、あっさりと限界を迎えたようだ。
「出してっ! 中に出してっ! 好きっ、鈴木くん大好きっ!」
「あぁ、ヒナちゃん、夢みたいだよ。大好きだ」
 二人は、こんなにも激しいセックスを続けていく。悪夢としか言えない状況に、僕は脚が震えてしまった。今日、帰宅したとき、愛里沙はいつも通りだった。怪しいところなんてなかったし、良い笑顔で出迎えてくれた。
 まさか、数時間前にこんな酷い裏切りをしていたなんて、とても信じられないと思ってしまう。

「好きっ、出してっ! 鈴木くん、大好きっ!」
 とろけきった声で叫ぶ愛里沙。そして、鈴木くんはうめきながら射精を始めた。
「ヒィッ、うぅ、あぁ、出てる、熱いよ……好き、早く抱いて欲しかった……」
 愛里沙は、甘えたような声で言う。とても演技とは思えないし、枕営業でここまでする必要もないと思う。
「お、俺もだよ。会いたかった。夢みたいだ。ヒナちゃん、ありがとう」
 鈴木くんは、感動しているような口ぶりだ。無理もないと思う。推しの女の子にここまでしてもらえたら、男として最高の気持ちになるはずだ。
「愛里沙って呼んでほしい……本名だよ」
「う、うん。愛里沙ちゃん、好きだよ」
「愛里沙って呼んで」
「えっ、うん。愛里沙、大好きだ」
「私も大好き。とおる君って呼んでも良い?」
「もちろん!」
「フフ、大好きだよ」
 二人は甘い会話を続ける。これは、これまでとは違うと思う。明らかに感情が入ってしまっている。止めないと……そう思っているのに、どうしても興奮が大きくなってしまう。
 本名まで教えてしまった……明らかに今までの枕営業的なものとは違うと思う。やっぱり、本気になっている? 不安な気持ちばかりが膨らんでいく。

「じゃあ、お風呂入ろっか」
「うん」
 そう言って、会話が聞こえなくなった。一緒にお風呂に入っている……嫉妬で身もだえしてしまいそうだ。愛里沙は、彼のどこがそんなに気に入ったのだろう? この前のネットカフェでのやりとりを見ている限り、最初は愛里沙もそこまで彼のことを好きではなかったと思う。
 他の常連と同じように、お金を搾り取るための下ごしらえをしていた感じだった。でも、セックスをしたことで、急に態度が変わったように思える。
 でも、セックスが良かったくらいで、そこまで一気に堕ちるものだろうか? 彼のルックスは、ブサイクではないが取り立ててイケメンでもなかった。親の遺産があるのでお金は多少持っている感じだったが、それでも愛里沙がこんなにも彼に夢中になるのが理解出来ない。

 しばらく無音状態が続く。イチャイチャしながら、一緒にお風呂に入っているのだろうか? 愛里沙と一緒に風呂に入ったのなんて、もう何年も前だ。嫉妬で胸が苦しい。
 さすがに少し早送りをして音声を探った。すると、二人の声がまた聞こえてきた。
「なにか飲む?」
 鈴木くんが優しい口調で聞く。すっかりと落ち着いた感じになっていて、さっきまでのオドオドした雰囲気はない。
「大丈夫。それより、エッチしよ」
 愛里沙は、まだ興奮した声だ。
「えっ? お風呂でもしたでしょ? 少し休まない?」
 鈴木くんは、結構驚いている。無理もないと思う。
「来て……今度は後ろからして欲しいの。もう無理って言っても、そのまま犯して……とおる君、本当に大好きだよ」
 愛里沙は、すっかりと声が発情しているような雰囲気だ。どこまで本気なんだろう?
「愛里沙……俺も大好きだよ。こんな事が出来るなんて、夢みたいだ」
「あぁっ、固いっ、とおる、もっとっ! 奥まで突き刺してっ!」
 愛里沙は、泣いているような声で叫ぶ。かすかに肉がぶつかるような鈍い音も聞こえてくるし、鈴木くんの荒い息遣いも聞こえる。

「愛里沙、好きだ。もっと感じてっ!」
 鈴木くんも、興奮状態になったようだ。
「あっ、アンッ、そこっ、もっとっ! うぅっ、イクっ、イッちゃうっ、とおる、イッちゃうっ!」
 愛里沙は、すぐにオルガズムに達した。もう、身体中が敏感になってしまっているみたいだ。僕とのセックスの時も、気持ちよさそうにあえいでくれる。
 でも、鈴木くんとのセックスと比べると、圧倒的に負けている。愛里沙は、彼に本気になっているのではないか? 僕への愛情は消えてしまったのではないか? そんな心配で汗が噴き出てくる。

「イクっ、イクっ、とおる、愛してるっ!」
 愛里沙は、そんな言葉まで叫んでしまった。
「愛里沙、愛してる。夢みたいだ」
 鈴木くんも感動したような声を漏らし続けている。こんなに簡単に、愛里沙は心も身体も堕とされてしまったのだろうか? いっそ、これが枕営業であってほしいと思ってしまう。
「イクよ、出すから。愛里沙、愛してる」
「来てっ! とおる、愛してるっ! 溢れさせてっ!」
 愛里沙は声が震えている。そして、鈴木くんがうめきながら射精すると、愛里沙のくぐもったようなうめき声が響いた。あまりにも激しいセックスだと思う……。そんなに違うのだろうか?

「大丈夫?」
「大丈夫じゃない……腰抜けちゃった」
「なにか飲むもの持ってくるね」
「うん……」
 二人の甘い会話が続く。
「愛里沙ちゃん、俺の恋人になってくれるの?」
 鈴木くんが、恐る恐るという感じで聞く。
「もうなってるよ。愛里沙はとおる君の彼女だよ」
「ほ、本当に?」
「うん。私じゃ嫌かな?」
「そんなことない! 嬉しいよ!」
「良かった……愛してる」
「俺もだよ。愛してる」
 聞いているのが辛い会話だ。二人は、本当に恋人になってしまったみたいだ……。

「愛里沙ちゃん……他のお客さんとも会ってるの? お店の外とかで」
 鈴木くんが不安そうに聞く。
「うん。でも、エッチしたのは鈴木くんだけだよ」
「良かった……」
 愛里沙は、あっさりとウソをついた。愛里沙は、どうするつもりなんだろう? 僕と結婚しているのに、彼とはどうやって付き合っていくのだろう?

「あっ、愛里沙ちゃん……そんな」
 戸惑ったような彼の声。
「もう充分だよ……ありがとう」
「ダメ。まだ足りないの。ねぇ、キスしながらして。最後まで、キス止めちゃダメ」
 愛里沙の甘えた声が響く。
「わかった。愛里沙、愛してる」
「うぅっ、あぁ、本当に素敵だよ。こんなの初めて。今までで一番だよ」
 愛里沙は聞きたくないような言葉を口にしている。本気なんだろうか?
 そして、会話は消えて愛里沙のうめき声やベッドがきしむような音だけが響く。映像が見たいと思ってしまうが、見られなくて良かったのかもしれない……。

 ひときわ大きなうめき声が響き、ベッドがきしむような音が消えた。
「すごかった……キスってすごいんだね……」
 愛里沙の甘えたような声がする。
「大丈夫? 腰抜けてる?」
 心配そうな彼。もう、何回セックスをしたのだろう? すっかりと、彼は彼氏気取りだ。と言うか、本当に彼氏なんだと思う。僕との結婚のことを隠したまま、彼と交際するのだろうか?
「大丈夫だよ。お腹空いたね。なんか食べよっか」
「うん。メニュー持ってくる」
 二人は、ごく普通の恋人同士みたいな会話を続ける。会話は、基本的には愛里沙が話しかけることが多い。やっぱり、鈴木くんは女性との交際経験もないみたいだ。

「付き合うって、どんな風にしたらいいのかな? 俺、経験ないから……」
 鈴木くんがそんな質問を始めた。
「ラインしたり、休みの時にデートしたりで良いんじゃないかな?」
「毎日会えたりするの?」
「毎日は難しいかも……。お店もあるし、お客さんとも会ったりしてるから」
「そ、そっか、そうだよね」
「他のお客さんと外で会うの、イヤ?」
「それは……そうだけど……」
「じゃあ、徐々にやめるね。お客さん少なくなっちゃうかもしれないけど、その分とおるとエッチ出来るしね」
「うん!」
 嬉しそうな鈴木くん。やっぱり、結婚のことは隠し通すみたいだ。そんなことが出来るんだろうか? そして、僕に隠し通せるものなんだろうか? この先のことを考えると、やっぱり不安だ。でも、興奮してしまう気持ちを抑えることが出来ない。

 二人は、楽しそうに会話を続けている。録音は、唐突に終わってしまった。バッテリー切れ? 録音が続くと、意外に駆動時間が短いみたいだ。
 僕は、グッタリとしてしまった。もう、どうしたら良いのかアイデアも出てこない。そっと寝室に戻り、愛里沙の寝顔を見ながらベッドに潜り込んだ。
 朝になると、
「おはよ~。今コーヒー淹れるね」
 と、愛里沙は今日はツインテールだ。メチャクチャ可愛くて、朝からドキドキしてしまう。小柄でロリっぽい体型の愛里沙は、23歳の実年齢通りに見られることが少ない。
 とくにこんな風にツインテールにしていると、学生にしか見えないと思う。

 今日も可愛いねと言うと、
「へへ、嬉しいな。直弘も格好いいよ」
 と、良い笑顔で言ってくれる。正直、まったく怪しい部分がない。まさか、こんなにも可愛らしくてあどけない彼女が浮気しているなんて、普通は見抜けないと思う。
 僕は、今日は早いの? と聞いた。
「え? どうして? いつも通りだと思うけど」
 愛里沙は、特に動揺もなく答える。僕は、外食しようかと伝えた。愛里沙を奪われるかもしれない危機感で、そんなことを言ったのだと思う。
「うん。良いね、楽しみ!」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

コンカフェの人気キャストの妻が、客を育てていた3(マガブロ 転載禁止)

 僕は、うめき声を上げそうになり、慌てて歯を食いしばった。まさか、オナニーして射精までする事になるとは思っていなかった。
 隣の個室からは、愛里沙の声が聞こえてくる。
「気持ちよかった?」
 声を潜めているが、中途半端な間仕切りで接しているこの個室には、声は丸聞こえだ。
「はい。凄かったです。ありがとうございます……その……初めてだったので」
 男性は、嬉しそうに言う。
「そうなの? 高橋くん、格好いいからもう経験してると思ってた。嬉しいな……この日のことは、一生忘れないよ」
 愛里沙は、心から感動しているような声で言う。男性は、言葉に詰まるほど感動しているようで、涙声でありがとうと繰り返している。


 男性は、どう見てもモテる感じではない。服装や髪型はオシャレな感じだが、陰キャオーラというのだろうか? 女性には慣れていないんだろうなと思うような雰囲気だった。
 愛里沙は、どう考えてもお世辞を言っていると思う。でも、演技力が高すぎるのか、本心から言っているように聞こえる。
 これが、愛里沙の客に対する接し方なんだろうか? こんな事をされたら、陰キャなら誰でも愛里沙に恋してしまうと思う。
「そろそろ行かないとだね。お店で待ってるね。でも、どうしよう。高橋くんのことばっかり見ちゃいそうだよ……ダメだよね、そんなことしてお店にバレたら、高橋くんにも迷惑かかっちゃう。我慢するね」
 愛里沙は、本気で彼に惚れているとしか思えない態度だ。でも、やり過ぎだと思う。こんな事をしていたら、いつか刺されるのではないか? そんな危険性を感じてしまう。
「うん。僕も、気をつける。ヒナちゃん、大好きだよ」
「フフ、私も大好きだよ。早くお店やめて、自由に会えるようになりたいな」
「う、うん。僕も頑張って通うね!」
「ありがとう」
 そんな会話をして、二人は出ていった。なんとなく、話が見えてきた。愛里沙は、恐らく借金があるという話で、常連客にお金を使わせているみたいだ。
 あまりにも危うい営業方法だと思う。ウソがバレたら、命の危険もあるはずだ。女性に縁のない弱男ばかりをターゲットにするのは、ある意味では正解だと思う。でも、リスクが高すぎる。

 僕は、不安でいっぱいになりながら、間仕切りを直して店を出た。こんな形で常連客を抱え込んでいるキャストは、他にもいるのだろうか? キャバクラやホストクラブでは、ありがちな話だと思う。
 でも、コンカフェでもこんな話が当たり前なんだろうか? 僕は、コンカフェのことを甘く見ていたのかもしれない。そして、秋葉原に行ってコンカフェに入ってみた。
 初めて入るコンセプトカフェ。あまり大きな店ではないが、コンセプトは幼なじみのツンデレだそうだ。それは、最初は笑ってしまうような絵に描いたようなツンデレ幼なじみだった。
 愛里沙ほど可愛くはないが、愛嬌のある子が付いてくれた。ことあるごとに、ベ、別にアンタのためにしたんじゃないんだからね! みたいな、定番のセリフを言う彼女。でも、徐々にそれが心地よくなっていった。
 お芝居だとわかっていても、心地良い。惚れられているという感覚は、男として気持ちをくすぐられる。
 あっという間に時間は経ち、帰り際、
「直弘くん、また来てね。普通に好きになっちゃった。ツンデレじゃないよ。ホントだよ」
 と、耳元で言われた。営業トークとわかっていても、もしかして? と、脳天気に思ってしまった。

 お客さんが、愛里沙にハマる理由がよくわかった。愛里沙ほど可愛くもない女の子だったが、僕は半分好きになっている。正直、気になってしまっている。
 もし、童貞で女性と交際もしたことがない弱男なら、本気で好きになるのが目に見えている。そして、愛里沙はそれが巧みなんだと思う。
 お金を使うお客には、惜しみなく最後までさせてしまう。貞操観念がないとも言えるが、武器の使い方をよくわかっているとも言えると思う。
 僕は、妻の不倫をこんな形で分析している自分にあきれてしまった。証拠を押さえて、離婚するべきだと思う。それが正解で、浮気した相手からも搾り取れば良いと思う。

 でも、僕は愛里沙のことを少しも嫌いになっていない。むしろ、執着心が増していて、好きだという気持ちが大きくなった気すらする。
 そしてなによりも、かなり強く興奮している。愛里沙が他の男のペニスをくわえる姿……キスしている姿……セックスをしている姿を思い出し、胸が掻きむしられるような気持ちになるが、手も触れていないペニスが射精してしまいそうになっている……。
 もともと、寝取られ好きの素質はあったと思う。でも、いまはそれがかなり進行してしまったと思う。愛里沙が浮気している姿を想像して、オナニーをしてしまう日々だ。

 そんなある日、会社に行く準備をしていると、愛里沙が念入りにメイクをしていることに気がついた。僕は、ピンときてしまった。
 先に家を出て、会社に連絡を入れる。客先に寄ってから行くので、昼くらいになると。そして、例のネットカフェがある駅で降りて、待ち伏せをしてみた。
 もしかして、来ないかな? 来ないと良いな……と思いながら待ち続けると、愛里沙が駅から出てきた。手を繋いで歩いているが、初めて見る男性だ。やっぱり、一見オシャレっぽいが、動きがキョドっている。
 愛里沙は、笑顔で話しかけながら歩き始めた。楽しそうに話をしているように見えるが、男性の方は緊張しているのが伝わってくる。

 手を繋いで歩き続ける二人。少し離れて後を追うが、恋人同士みたいに見える。僕は、この時点ですでに勃起しているし、オナニーをしたい欲求と戦っている。
 二人は、案の定あのネットカフェに入っていった。僕も少しして入室し、個室を取った。部屋に入ると、すぐに愛里沙の声が聞こえてきた。
 どうやら、このネットカフェが愛里沙の営業場所のようだ。
「鈴木くん、ダメだよ。あんなのやり過ぎだよ。嬉しいけど、鈴木くんが心配だよ」
 いきなり説教みたいな事を言っている。少し怒っている雰囲気もする。
「で、でも……負けたくなかったから」
「嬉しいけど、あんなことしてたら、すぐお金なくなっちゃうよ。無理しないで、ずっと長く通って欲しいもん。鈴木くんと会えなくなったら、泣いちゃうよ」
「ゴ、ゴメン。でも、オヤジの遺産もあるし……」
 驚くようなことを言う彼。急に、犯罪の臭いがしてきた。
「それは、鈴木くんの将来のためのお金でしょ? 私には、使っちゃダメだよ。ちゃんと自分で稼いだお金で、会いに来て欲しい。約束して」
 愛里沙は、驚くほどまっとうなことを言っている。お金を搾り取るのが目的なのではないのだろうか?

「約束する。頑張って、働くよ」
「フフ、嬉しいな。約束してくれたから、ご褒美上げるね」
「えっ、あっ、ダ、ダメだよ、そんなのダメだって」
「シィー、声大きいよ」
 二人は、声を潜める。聞き取りづらくなってしまったが、だいたいわかる。僕は、また隙間から覗き始めた。少し間仕切りを上にずらすと、愛里沙が男性のズボンのファスナーを降ろしているのが見えた。
 男性は、恥ずかしそうにはしているが、無抵抗だ。あっという間にペニスが飛び出てしまった。デカい……それは、日本人離れしたサイズだった。
「大きい! こんなの初めて見たよ。ここまで大きいと、入らない子もいるんじゃない?」
 愛里沙は、かなり驚いている。
「うぅ……まだ、使ったことない。童貞なんだ」
 彼は、思った通りのリアクションだ。そうだろうなと思っていた。
「ウソッ!? 本当に? 鈴木くんが経験してないなんて、信じられないよ。鈴木くん、優しいし格好いいし、彼女になりたがる子多いでしょ?」
 愛里沙は、前回と同じような話をしている。これが、愛里沙の必殺技なんだと思う。愛里沙の言い方が上手すぎて、お世辞だと気がつける男は少ないかもしれない。

「そんなことないよ……俺、暗いし、オタクだし」
「そうかなぁ? 私は大好きだよ。早くお店から卒業して、いっぱいデートしたいな。私とじゃ、イヤかな?」
「イヤなわけないよ! 本当に、デートしてくれるの?」
「うん。だって、これもデートでしょ? いまは、お店にバレたら大変だからこんなデートしか出来ないけど、遊園地とかドライブとか、色々行きたいよ」
「う、うん。俺も頑張る。いっぱい通うよ!」
「ありがとう。でも、無理はしちゃダメだよ。鈴木くんには、そんなことして欲しくないもん」
「わかった。でも、いっぱい通うから。ヒナちゃん、大好きだ」
「私もだよ。大好き」
 そして、ヒナは自分からキスをした。驚く男性。でも、すぐにヒナを抱きしめた。

 僕は、怖くなってしまった。同じような感じで、男達を虜にしている。これは、完全な色恋営業なのではないだろうか? 男性達は、愛里沙に夢中になっている。でも、こんな事をしていたら、ネットに書かれないだろうか? でも、愛里沙はほとんど書き込みがない。
 もしかしたら、こうやって完全にコントロールすることで、不満分子を作らないようにしている?愛里沙のことが、本気で怖くなってきた……。
 でも、僕はキスを続ける二人を覗き続けているだけだ。興奮しすぎて、今にも射精しそうになりながら覗き続けている……。

「もしかして、キスも初めて?」
 愛里沙は、そんな質問をした。
「う、うん。ありがとう。凄く嬉しい。でも、俺なんかとキスして、イヤじゃなかった?」
 彼は、かなり卑屈な性格みたいだ。
「イヤなわけないよ。したくて我慢出来なかった……ゴメンね、初めてもらっちゃって……私なんかが初めてじゃ、イヤだよね?」
「そんなことないよ! 最高だって!」
 もう、愛里沙が言う事も、彼が言うことも予想がつくようになってきた。この前行った、ツンデレ系のコンカフェ……あんな感じで、マニュアルというか筋書きがあるみたいだ。

「鈴木くん、この前のシャンパンタワー、本当に嬉しかったよ。でも、無理させてゴメンね。私が出来るお返しなんて、こんな事しかないけど……」
 愛里沙は、彼にまたがってしまった。スカートは穿いたままだが、まくれ上がっている。ショーツをずらすと、そのまま入れてしまった。
「ダ、ダメっ、ゴムッ!」
 彼は、大慌てだ。声もつい大きくなった。愛里沙は、慌ててキスで口を塞いだ。

 僕は、死にそうな顔になっていると思う。愛里沙が避妊もなしで男性にまたがってしまっている……。僕ですら、一度もしたことのない生性行……嫉妬で身もだえしてしまう。
「大丈夫。初めてくらいは、ゴムなんてなしが良いでしょ? でも、中に出しちゃダメだよ」
「う、うん。ありがとう。最高だよ。ヒナちゃん、大好きだ」
 男性は、夢の中にいるような顔をしている。僕は、こんな風に覗いているだけで、なにも出来ない。止めることも出来ないで、見ているだけだ……。
「私も大好き……鈴木くんの、大きすぎる……もう、イキそうなの。こんなの初めてだよ。どうしよう、声我慢出来そうにないよ」
 愛里沙は、声がうわずっている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

コンカフェの人気キャストの妻が、客を育てていた2(マガブロ 転載禁止)

 僕は、イヤな予感が的中したことに暗い気持ちになっている。まさかの状況だ。コンカフェの、オタクっぽい常連をオシャレにしてあげただけ……そんな親切心からの店外デートだと思っていた。
 それなのに、愛里沙は恐らくそのお客さんの男性に、フェラチオをしているようだ。愛里沙の声は聞こえなくなっているが、男性のうめき声のようなものは聞こえてくる。
 状況を見たいと思っても、見ることは出来ない。想像は膨らむばかりだ。

「フフ、出ちゃう? 良いよ、出して」
 愛里沙の、イタズラっぽい声が聞こえてくる。声の感じからだと、とても性的なことをしているとは思えない。もしかしたら僕の勘違いで、ゲームか何かをしているのだろうか? でも、それにしては男性の息遣いが荒すぎる。
「ヒナちゃん、出る……うぅっ」
 男性は、余裕のない声を上げる。必死で声を抑えようとしているみたいだけど、仕切りに耳を押しつけるとはっきりと聞こえてしまう。


「うぅ~っ」
 愛里沙も軽くうめく。どう聞いても、口に出されてしまったときのリアクションとしか思えない。そして、少しすると、
「いっぱい出たね。溜めてたの?」
 と、愛里沙の優しい声が響く。本当に優しい声色で、愛情すら感じてしまうような声だ。
「う、うん。あの時からずっと……」
「えっ? 2週間くらい溜めたの? どうりで多いはずだね」
 愛里沙は驚いた声で言う。
「ヒナちゃん、もしかして飲んでくれたの?」
 男性は、恐る恐る質問をした。
「うん。だって、まことくんのだから。美味しかったよ」
 絶望的なことを口にする愛里沙……。僕は、腰が抜けたようにへたり込んでしまった。
「嬉しいです。ヒナちゃん、本当にありがとう。また、プレゼントするね」
 まことくんは、感激している。
「もういらないよ。あんなの買っちゃダメ。まだ学生でしょ。お店に来てくれるだけで、充分だよ」
 愛里沙は、そんなことを言う。優しい口調で言い聞かせるように言っている。
「う、うん。でも……他の常連もしてるでしょ? 色々お金使ってるんでしょ」
 まことくんは、嫉妬にまみれた口ぶりだ。これが、愛里沙の営業手法? 秘密を垣間見た気持ちになった。

「うん。でも、みんな社会人だし。それに、まことくんは特別だよ。こんなことしてるの、まことくんだけだもん。だから、絶対にナイショだよ。こんなのバレたら、もうまことくんにも会えなくなっちゃう」
「い、言わないよ! 絶対にナイショにする!」
 まことくんは、すっかりとコントロールされているようだ。まさかの事態だ。愛里沙がこんな事までしていたなんて、想像もして事がない。
 キャバクラなんかでは、恐らく普通の営業手法だと思う。ヘルスとかもこんな感じかもしれない。
「フフ、ダメ。キスはダメだよ。約束したでしょ?」
「は、はい……少しだけでもダメですか? その……頬とかにもしちゃダメですか?」
「そんなに私とキスしたい?」
「したいです」
「嬉しいな……じゃあ、少しだけ。目を閉じてくれる?」
「あ、ありがとうございます!」

 そんな会話が続く。この声は、他には聞こえていないのだろうか? 少し不安だ。そして、声が聞こえなくなる。物音一つしない。
「す、凄かったです」
 やっと声が聞こえてきた。まことくんは、かなり驚いて動揺しているみたいだ。
「ゴメンね、軽くじゃすまなかったね。フフ、ドキドキしちゃった」
 愛里沙は、楽しそうに会話を続ける。
「ドキドキした……キスって、こんなにすごいんだ……。ヒナちゃん、マジでありがとう」
「そんなに喜んでくれて、嬉しいよ。お客さんとキスしちゃうなんて、キャスト失格だね。でも、私もしたいって思ってた。ずっとしたいって思ってた」
 愛里沙は、真に迫った口調だ。これは、どっちなんだろう? 営業トーク? 本心? 僕は、狼狽するばかりだ。

「じゃあ、そろそろ出ようか。もう、お店行かなきゃだし」
 名残惜しそうな愛里沙。
「はい。その……また今度、デート出来ますか?」
 不安そうなまことくん。
「もちろん。楽しみだね」
 愛里沙は、楽しそうに言う。ますますわからなくなってしまった。演技なのか本気なのか、判断がつけられない。
 そして、二人はネットカフェを出て行った。滞在時間は短かった。そのためだけに、入ったのだと思う。

 僕は、思っていた以上の悪い状況に、脚が震えっぱなしだ。でも、興奮も収まる気配がない。ペニスはいきり立ったままだし、軽く射精感すら感じている。
 堪えきれず、ペニスを出してしごき始めた。愛里沙が他の男にフェラチオをしている姿……それをイメージしながら、オナニーをしてしまう。
 そして、いつも以上にあっけなく射精してしまった。強い快感……どうしてこんなに興奮するのかわからない。愛里沙が浮気まがいのことをしていたのに、怒りよりも嫉妬と興奮を感じてしまう……。

 僕は、絶望的な気持ちを感じながら会社に行った。仕事をしていると、さすがに少しは気が紛れる。でも、どうしても集中しきれない。頭の中には、愛里沙のフェラチオのことばかりが浮かんでくる。
 なんとなく気になって、愛里沙のお店のサイトを見たり、ネット掲示板を見たりした。でも、取り立てて変化はない。他の女の子の書き込みはあるが、愛里沙……ヒナちゃんの書き込みはないみたいだ。
 それは、愛里沙が上手くコントロールしているという事なのかもしれない。いったい、何人の常連客とあんな事をしているのだろう?
 そして、お店のサイトを見ているうちに、愛里沙の出勤日の時間のことが目についた。明後日は、夕方からのシフトになっている。でも、そんな話は聞かされていない。もしかしたら、また店外デート? 僕は、明後日を有休にした。

 帰宅すると、愛里沙はもう帰っていた。今日は、可愛らしくツインテールにしている。お店ではよくそうしているみたいだが、家ではあまりしない髪型だ。
 こうやって見ると、本当に可愛らしい。23歳にはとても見えない、妹キャラという見た目になる。
「お疲れ様~。ゴメンね、帰ってすぐ準備始めたからこんな格好で」
 よく見ると、まだ部屋着に着替えていないみたいだ。スカート姿のまま、エプロンを身につけて料理をする姿に、妙に興奮してしまう。

 僕は、着替えて食卓につき、愛里沙を眺めていた。手伝おうと思ったが、もうほとんど終わっているみたいだ。こんな可愛い服を着て、他の男と手を繋いで歩いていた……。
 嫉妬と不安が燃え上がるようだ。僕は、どうしても愛里沙の口を見てしまう。あの可愛い口で、他の男のペニスをくわえていた……悪夢としか思えない。
 でも、実際に見たわけではない。もしかしたら違うのではないか? そう思いたい僕もいる。
「どうしたの? ジッと見てるね」
 愛里沙に急に声をかけられて、慌ててしまった。しどろもどろになっている僕に、
「フフ、可愛いって思った?」
 愛里沙は、はにかむように言う。その仕草は、紛れもなく可愛い。僕は、すごく可愛いよと伝えた。嬉しそうに微笑む愛里沙。
「直弘、今日もしたいな……ダメ? 疲れてる?」
 モジモジしながらおねだりをしてくる彼女……僕は、大丈夫だと告げた。僕も、愛里沙を抱きたくて仕方ない気持ちだ。そしてふと思った。愛里沙は、欲求不満なのではないかと。
 ネットカフェでは、愛里沙が一方的にしただけだ。モヤモヤしているのではないか? そんな想像をした。

 食事の最中は、愛里沙は本当に楽しそうだった。僕の会社でのことを聞いてきたり、お店での出来事を話してくる。無邪気に笑う彼女を見ていると、あんなことをしているとは思えない。
「直弘、会社でイヤなこととかない?」
 愛里沙が、心配そうに聞いてくれる。僕は、取り立ててないよと答えながら、愛里沙はイヤなお客さんとかいないの? と聞いた。
「たまにいるよ。しつこくプライベートのこと聞いてきたり、デートしようって言ってきたり」
 愛里沙がそんな回答をした。僕は、そういう時はどうしてるの? と聞いた。
「上手くはぐらかしてるよ。他のキャストの子に助けてもらったりもしてるよ」
 愛里沙は、そんな回答をした。本当は店の外でも会ってるくせにと思いながらも、大変だねと答えた。

 そして、風呂に入って寝室に移動する。すぐに愛里沙も入ってきた。タオルを身体に巻き付けて、はにかんだような仕草をしている。
「お待たせ……ゴメンね、疲れてるのに」
 そう言って、愛里沙はタオルを外した。小ぶりな胸に、薄いヘア。体つきからしてロリっぽい。メイクもすっかり落とされているので、より以上に幼く見える。
 僕は、すぐに愛里沙を抱きしめてキスをした。小さな舌が、控えめに絡みついてくる。キスをしているだけで、猛烈に興奮してしまう。
 愛里沙は、ネットカフェで僕以外の男性とキスをした。もちろん、それを直接見たわけではないが、あれは間違いなくキスをしたという事だと思う。

 僕は、一気に火がつき、嫉妬でメチャクチャに舌を使った。キスをしながら彼女の小ぶりな胸を揉み、すぐに服を脱いで覆い被さっていく。でも、コンドームをつけてないことを思い出して慌てて装着し、小さな膣にねじ込んでいった。
 相変わらずの小さな膣……僕の小ぶりなペニスでも、ギチギチに感じる。
「あぁっ、固い……いつもより固いよ。直弘、愛してる」
 愛里沙は、気持ちよさそうな声を漏らす。僕は、がむしゃらに腰を動かし始めた。
 可愛らしい顔であえぐ愛里沙……。身体に触れる彼女の乳首が、とても固くなっているのを感じる。愛里沙は、セックスが好きなんだと思う。
 僕に頻繁に求めてくるし、僕が誘って断ったことがない。でも、それならどうして、まことくんとセックスをしないのだろう? 口で一方的にするだけでは、愛里沙の欲求は満たされないはずだ。

 腰を振り続けていると、膣が痛いくらいに締まってくる。もともと小ぶりな膣なので、普通にしてるだけで気持いい。今は、まるで手でギュッと握られているような感覚だ。
「もっと強くっ、直弘、もっとっ」
 愛里沙は、潤んだ瞳でおねだりをしてくる。僕は、射精を堪えながら腰を激しく使う。肉がぶつかる音が響き、愛里沙のあえぎ声はどんどん大きくなる。

 僕は、少し身体を起こして腰を動かした。膣壁の上側を刺激され、愛里沙の表情はさらにとろける。こんな風に、愛里沙を感じさせるときが一番嬉しい。
 でも、色々な想像をしてしまう。もしかしたら、愛里沙は他のお客さんとはセックスをしているのではないか? そんな想像をしてしまう。
 まことくんだけ……そう思いたい。でも、そんなわけはないと思う僕もいる。すると、一気に射精感が湧き上がってきた。

「直弘、固くなったよ。もっとっ! まだダメっ! まだイッちゃだめっ!」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

コンカフェの人気キャストの妻が、客を育てていた(オリジナル 転載禁止)

「おかえり~。お疲れ様。ご飯もう出来るよ!」
 嫁の愛里沙の元気いっぱいの声が響く。僕は、ただいまと言いながらリビングに入った。入った時点で、良い匂いが漂ってくる。
 今日は、ビーフシチューみたいだ。会社での疲れやストレスが、溶けていくのを感じる。

 嫁の愛里沙は、23歳の小柄な女の子だ。150センチそこそこの身長に、40キロ台の軽い体重。胸は小さいし子供みたいな印象だ。
 愛里沙は、コンセプトカフェで働いている。高校の時からバイトで働いていて、今は契約社員という形になっている。メイドとかではなく、魔法学園というテーマのコンカフェだ。
 愛里沙は、見た目の幼さを生かして、後輩キャラみたいな感じでやっているそうだ。もちろん、結婚していることは隠している。
 話を聞くと、意外に既婚者はいるそうだ。でも、人妻系のコンカフェでもない限り、それは隠すのが普通だそうだ。


 僕と知り合ったのは、お店ではない。趣味のバイクツーリングで出会った。エンジンがかからなくなって困っていた彼女に、声をかけたことから仲良くなった。
 そのあたりのことは面白くもなんともない話なのではしょるが、あっという間に結婚にまで至った。妊娠してしまったわけでもなく、愛里沙の積極的なアプローチに応えた感じだ。
 と言っても、僕はごく平凡な社会人だ。イケメンではないし、取り立ててなにか優れているわけでもない。それなのに、なぜか愛里沙にはハマったようで、結婚までしてくれた。

 正直、かなりラッキーだと思った。愛里沙みたいな可愛い子と付き合えるだけでも奇跡だと思っていたのに、結婚までしてくれた。
 いまだに、僕なんかのどこが良かったのだろう? と、不思議に思うくらいだ。幸せな毎日を送りながら、それでも少し気になることはあった。
 やっぱり、コンセプトカフェで働いているという事が、どうしても気になってしまう。職業として悪いというわけではない。とても素敵な仕事だと思う。
 ただ、愛里沙が他の男性と楽しそうに話をするのが気になる。実際に愛里沙がお客さんと話しているところは見たことはないが、テレビでコンカフェのことはよく見る。

 たぶん、嫉妬なんだと思う。愛里沙が他の男と話すことに、ヤキモチを焼いているのだと思う。辞めてくれと言いたい気持ちもあるが、器が小さいと思われたくない気持ちもある。
 キャバクラ嬢や風俗嬢と交際をしている男性は、そのあたりの気持ちをどうしているのだろう? 僕は、そんなことを考えながら、日々を過ごしていた。

 愛里沙は、お店ではオタク系の趣味しかないと言っているそうだ。バイクに乗ることもナイショだし、インドア派の女の子という設定にしているようだ。
 なので、バイクの乗る彼女のことを知っている人間は少ない。僕は、そこに少し優越感を感じている。今日も、長野までソバを食べにツーリングに来ていた。

 愛里沙はバイクにはかなり真剣で、走っているときに気が散ると言って、会話が出来るデバイスを使わない。なので、走り出すと淡々と走る感じになる。
 峠道をそこそこ早いペースで走りながら、頂上辺りの展望台を目指す。小柄なので足つきは悪いが、走り出すとそんなことが気にならないくらいに、積極的に身体を動かしてライディングする。たぶん、僕よりセンスがあるし上手だと思う。

「楽しいね。やっぱり、平日の方が走りやすいね」
 愛里沙は、満足げに笑っている。メットを脱ぐと、やっぱり子供みたいだ。とてもバイクでガンガン走っているようには見えない。
 景色を楽しみ、走りも楽しみながらソバ屋に着くと、美味しいソバを楽しんだ。
「お客さんでバイク乗るって人がいると、バイクのこと言いそうになって焦る」
 おどけて言う愛里沙。僕は、それとなく、どんな感じで働いているの? と聞いた。
「テレビで見たことない? 萌え萌えキュンとかするんだよ」
 愛里沙は、真面目なのかふざけているのかよくわからない言い方だ。常連さんとかはいるの? と聞いてみた。
「うん。ほとんど常連さんだよ。高校の時から通ってくれる人もいるし」
 愛里沙は、楽しそうに話してくる。でも、やっぱり聞かなければ良かったなと思った。僕よりも昔から交流がある……やっぱり、ヤキモチを焼いてしまう。

「あれ? もしかして、妬いてるの?」
 愛里沙は、僕の態度を見てそんなことを言う。勘が鋭いというか、僕の心の動きをいつも見透かしてくる。隠しても無駄だと思い、正直にヤキモチを焼いていると告げた。
「でも、お客さんは愛里沙じゃなくて、ヒナちゃんを知ってるだけだよ。愛里沙を知ってるのは、直弘だけだからね」
 そんなことを言う彼女。お店では、ヒナという名前で働いている。鳥のヒナみたいに、可愛らしい存在という意味らしい。

 僕は、励まされたような、煙に巻かれたような複雑な気持ちになった。でも、気持ちを切り替えてツーリングを楽しんだ。帰宅して寝る間際、疲れているのに無性に愛里沙を抱きたくなった。やっぱり、まだ嫉妬しているみたいだ。我ながら器が小さいなと思うが、やっぱりモヤモヤしてしまう。
「フフ、どうしたの? 珍しいね、ツーリングしたのに元気なんだ」
 愛里沙は、楽しそうに笑ってくれる。そして、僕がキスをすると、積極的に舌を絡めてくれる。見た目の幼さとは違い、愛里沙はかなりセックスが好きだ。お誘いを断ることもないし、彼女から誘ってくれることも多い。

 キスをしながらパジャマを脱がせると、小ぶりな胸があらわになる。張りのある良い形をしているが、やっぱりボリュームはない。僕は、すぐに小さな乳首を舐め始めた。
「んっ、うぅ、気持いいよ。直弘、もっと舐めて」
 甘えたようにおねだりをする彼女。色々とおねだりをする割に、とても恥ずかしそうだ。照明をかなり落としているのでわかりづらいが、たぶん顔は真っ赤になっていると思う。
 結婚して1年経つが、いまだにこんな態度だ。初々しいし、可愛らしいと思う。

 僕は、固くなった乳首を舐めながら、指でも触り始めた。小ぶりな胸に小さな乳首なので、責めているとイケないことをしている錯覚に陥る。
 愛里沙は、23歳の人妻だ。未成年でもないし、非合法なあれではない。でも、僕は凄くドキドキしているし、背徳感のようなものも感じている。

 すると、愛里沙が僕の股間を握ってきた。ズボンごと握られているだけで、すごく気持ちいい。小ぶりな手が握ってくると、やっぱりドキッとする。
「固くなってる。興奮してる? 私もだよ」
 愛里沙は、恥ずかしそうに言いながら僕のパジャマを脱がせ始めた。愛里沙は、剥き出しになったペニスをすぐにくわえてくれた。
 上目遣いで僕を見つめながら、ペニスをほとんど根元までくわえ込んでいる。その可愛らしさと卑猥さのギャップにドキドキしすぎて、一気に射精感が湧き上がった。

 愛里沙は、見た目に反してフェラチオが上手だ。カリ首を舐め回すやり方は、的確で最高に気持いい。でも、フェラチオされるたびに、どうしても愛里沙の過去の男性遍歴を想像してしまう。
 彼女は23歳だ。結婚して1年で交際期間も1年なので、彼女が21歳の時に出会った。僕と結ばれたときには処女ではなかったし、すでにフェラチオも上手かった。
 いったい、何人の男性と経験したのだろう? それとなく聞いてもはぐらかされて、いつもモヤモヤしている。

 僕は、愛里沙にフェラチオを仕込んだ男のことを想像して強い嫉妬を感じている。でも、考えれば考えるほど、興奮も高まってしまう。
 愛里沙と結婚するまでは自覚はなかったが、僕には軽い寝取られ性癖のようなものがあるみたいだ。最近では、たまにするオナニーのオカズは、そっち系統のものばかりになってしまった。

「もう、入れて欲しいな……我慢出来なくなっちゃった」
 愛里沙は、顔を真っ赤にしながらおねだりをする。そして、すぐにパジャマの下もショーツも脱いでしまった。本当に我慢出来なくなっているのが伝わってくる。
 僕も、すぐにコンドームを装着した。そして、彼女に覆い被さる。愛里沙は、脚を自分で抱えるようにして挿入を待っている。こんな姿で見つめられると、愛おしさで胸がいっぱいになる。でも、やっぱり非合法なことをしているような背徳感も感じてしまう……。

「うぅっ、固いよ、凄く固い」
 嬉しそうに声を漏らす彼女。小柄な身体そのものの、狭くてキツい膣。入れただけで、ゾリゾリとカリ首を刺激される。僕は、すでに余裕がなくなった状態のまま、腰を動かし始めた。
「んっ、あっ、んっ、フゥ」
 控えめにあえぐ彼女……いつもこんな感じだ。大きくあえがないので、ますます少女みたいに思える。僕にしがみつくようになりながら、真っ直ぐに見つめてくる愛里沙……。その大きな瞳で見つめられると、催眠術にかかりそうだ。

「愛してる……直弘、もっと強くして欲しいの……エッチでごめんなさい」
 愛里沙は、激しいセックスを希望する。これも、やっぱり見た目とのギャップを感じる。僕は、身体を起こして彼女の腰を抱え上げるようにした。その状態で腰を激しく振ると、愛里沙は一気に顔色が変わる。
「アンッ、うぅっ、アンッ、そこ気持いいっ」
 あえぎ声が大きくなり、表情もトロトロになっていく。僕は、激しく腰を動かし続ける。膣壁の上側にペニスが当たるようにしながら腰を振ると、愛里沙は泣いているような顔に変わっていく。
「気持いいっ、直弘、もっとっ!」
 愛里沙は声が大きくなっている。僕は、もっと感じさせたいと思いながら腰を振り続けるが、もう限界が来てしまった。

「ダメっ、もっとっ」
 愛里沙は、切なげな顔で叫ぶ。でも、僕は限界を超えてしまい、あっさりと射精を始めた……。
「あぁ、直弘……まだ……」
 愛里沙は、不満そうな顔を見せる。でも、すぐにキスをしてくれた。最高の気分だ。キスをしながらの射精は、どうしてこんなに気持いいのだろう? 僕は、うめき声を上げながら長い射精を続けた……。
「フフ、気持ちよかったよ。ありがとう」
 愛里沙は、恥ずかしそうに言う。照れた顔がとても可愛らしい。そして、しばらくイチャイチャして過ごした後、いつの間にか寝てしまった。

 毎日、本当に楽しく過ごしていた。でも、ある日ふと気になって、ネットで愛里沙のお店のことを調べてみた。愛里沙は、可愛らしい制服を着てツインテールの髪型で写真が載っている。
 以前見たのと変わっていない。多少の修正もしているせいか、メチャクチャに可愛らしい。制服のスカートも短めだし、胸も強調されるデザインだ。
 でも、愛里沙は強調されていても胸がそれほど目立っていない。他のキャストさんは、巨乳の子が多い気がする。

 そんな風に見ていると、ネット掲示板にお店のことが書いてあるのを見つけた。色々なキャストのことが書いてあるが、良いことも悪いことも書いてある。
 愛里沙のことも書いてあるかな? と思って調べると、それほど多くはないが書いてあった。幸いなことに、良いことばかりだ。
可愛らしいとか、接客が丁寧だとか、妹にしたいなどと言う書き込みが多い。不思議な気持ちになった。自分の妻が、こんな風にアイドルのように扱われている。くすぐったいような、優越感を感じるような気持ちだ。

 でも、読み進めていくと、他のキャストさんのことだが、下品な書き込みも多いのに気がついた。胸がデカいとか、整形してるとか、パンツが見えた等など。
 こんなのを見ていると、愛里沙が変なお客さんの相手もしているのかな? と、少し不安になってしまう。
 中には、店外デートをしたという書き込みまである。それに対しては、ウソをつけとか否定的な書き込みがあるが、俺もしたという書き込みもある。
 実際にしたのかどうかは証拠がないのでわからないが、キャバクラなんかではよくあることだと聞く。

 そして、決定的な書き込みもあった。セックスをしたという書き込みだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています
《アマゾンKindle内の私のページです。新作がどんどん増えています!》



Kindleで電子書籍にしました

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られ体験談や人妻との体験談を中心とした、ここだけのオリジナル作品です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です。
http://kokuhakutaiken.com/blog-entry-6389.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、このTwitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/hmoetaiken

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

検索フォーム

kindle出版しました












PRエリア