☆更新案内。kindleで本を出しました。

電子書籍を出版しました!
・童貞の家庭教師と、持て余した妻(kindle)
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・後輩に男の娘動画を見ていることがバレて2
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・ヨメカリの因習が続く漁村の跡取りの僕は11
寝取られ・人妻作品レビューサイトの更新分です。
・メンエス好きな友人と、好奇心旺盛な僕の妻6
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・タイで妻に内緒で性感マッサージを受けさせてみたら7
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・意地っ張りな嫁は、他人棒では感じないと言った5
寝取られ体験談や萌えた体験談サイトの更新分です。
・妻は元彼と、僕とは出来ない体位でしていた


《アマゾンKindle内の私のページです。新作がどんどん増えています!》

続きを読む

メンエス好きな友人と、好奇心旺盛な僕の妻6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「えっ? また出しちゃったの? もう出たの?」
 七菜は、目がまん丸になっている。僕は、強烈な羞恥を感じて顔が赤くなるのを感じている。
「相変わらず早いんだね。でも、私ももうイカされちゃったから同じだね」
 七菜は、はにかんだような顔で言う。僕と会話をしながらも、七菜の腰は別の生き物のように動いている。なまめかしい動きに、ドキドキしてしまう。


「七菜ちゃんのオマンコ、マジで気持ち良いよ。すごく締まるね」
 研二は、七菜の膣を絶賛している。友人に自分の嫁の膣を評価されるなんて、最大の屈辱のはずだ。でも、僕は射精したばかりなのにもう興奮している。
「本当に? 気持ち良い? 嬉しいな……私も気持ちいいよ。こんなの知らなかった。知らない方が良かったかも」
 七菜は、会話をしながらも腰の動きを止めない。と言うよりも、気持ち良すぎて止められないのだと思う。研二のペニスは、とにかく長い。七菜が腰を上下に動かしていても、抜けるような感じがない。僕が真似をしたくても、絶対に真似出来ない動きだ。
「痛くはない? 奥にゴリゴリ当たってるけど」
 研二は、やっぱり心配みたいだ。
「痛くないよ。本当に気持ちいい……感じちゃダメなのに、気持ち良くなっちゃう」
 七菜は、罪悪感を感じているようだ。それなのに、腰の動きはどうしても止められないみたいだ。

「奥が感じるんだね。じゃあ、もっと刺激しようか? まだまだ押し込めるよ」
「え? ちょっと怖いかも……」
 七菜は不安そうな顔をしている。でも、僕には七菜が期待しているのがわかってしまう。目が輝いているような、わかりやすい表情の変化だ。
「じゃあ、行くよ。いっぱい感じて良いからね」
 研二は自信たっぷりの顔で言うと、腰を突き上げ始めた。思い切り突き抜けるような勢いで腰を動かしている。
「あっ、アンッ、アンッ、ダメっ、これダメっ、気持ち良すぎちゃうっ」
 七菜は、一瞬で表情から余裕が消えた。追い詰められた顔で、泣きそうにあえいでいる。

「痛くないんだね。じゃあ、もっと押し込むよ。子宮に入るくらい思いきり突くからね」
 研二は、嬉しそうに言うとさらに動きを強くする。七菜の身体が一瞬フリーフォール状態になるくらいに、力強く突き上げている。あれでは、子宮口がパンチされているような強烈な刺激を受けてしまうと思う。
「アガッ、あっ、ガッ、うぅあっ、ダメっ、壊れるっ、突き抜けちゃうっ」
 七菜は、まったく余裕のない顔で吠える。でも、その顔はとろけている。追い詰められているようでも、強い快感を感じているみたいだ。
「ほら、もっと感じてごらん。アイツに見られながら、何度もイッてごらん」
 研二は、言葉責めが板についてきた。普段から、こういうプレイをしているのだろうか? 七菜は、泣いているような顔のままあえぎっぱなしだ。
「イグッ、オマンコイグッ、もっと突いてっ! メチャクチャに壊してっ!」
 七菜は、叫ぶような声で言う。もう、膣奥を突かれる快感に夢中になっているようだ。七菜がこんなにも感じている姿に、敗北感を感じる。でも、やっぱり興奮が上回ってしまう。
「ほら、もっと!」
 研二はさらに動きを加速する。バチンバチンと肉があたる音が響く中、七菜は身体を硬直させている。
「ダメっ、出ちゃうっ、出るっ、イヤッ、あっ、アンッ、イグッ、オマンコイグッ、うぅああっ!」
 七菜は身体をガクガクッと震わせると、膣口から透明のしぶきを吹き散らし始めた。さっきとは違い、ハメられたまま潮吹きをしてしまっている。

「良いね、もっと感じて良いよ。もっと出してごらん」
 研二は、かなり興奮している。人の嫁を調教することに、燃えるものがあるのだろうか?
「いや、ダメっ、恥ずかしい。見ないで、たか君、見ちゃダメっ」
 七菜は、顔が真っ赤になっている。お漏らしではなくても、相当恥ずかしいみたいだ。僕は、そんな風に言われても凝視してしまっている。僕とのセックスでは見せないリアクションをする七菜から目が離せない。
「あぁ、止まらないの。たか君、ダメになる。こんなの知ったらダメになっちゃうっ」
 七菜は、ハメ潮を吹き散らかしながら話しかけてくる。もう、どうしたら良いのかわからなくなってしまう。止めた方が良いのはわかりきっている。でも、興奮を抑えることが出来ない。

「何がダメになるの? 教えてあげないと」
 研二は、いじめるような口調だ。
「このおチンポじゃなきゃ、満足出来なくなっちゃう。たか君のじゃ、満足出来なくなっちゃうっ!」
 七菜は、泣いているような顔で叫ぶ。その言葉を聞かされて、わかっていたこととは言えショックだ。でも、やっぱり興奮が抑えられない。自分でも、自分のこの感情が理解出来ない。
「たか君、ゴメンね、気持ち良いの。全然違うの。たか君とするよりも、ずっと気持ちいいのっ」
 七菜は、僕の事を見つめたままだ。もう、どうしたら良いのかわからないまま、七菜にキスをした。驚いた顔になった七菜……でも、すぐに舌を絡めてくれる。七菜とキスをしながら、彼女を通して研二の激しい突き上げを感じる。
「おぉ、締まった。七菜ちゃん興奮してるじゃん」
 研二はからかうような口調だ。七菜は夢中で舌を絡めながら、うめき声をあげ続ける。僕とキスしているのに、研二の巨根で犯される……異常なシチュエーションにクラクラしてきた。

「イクっ、たか君、イク。研二さんのおチンポでイッちゃうよ。もう、戻れない。このおチンポ覚えちゃったよ。ゴメンね、イクの見てて。研二さんのおチンポで、オマンコイクの見ててっ」
 七菜も、興奮しすぎなほど興奮しているみたいだ。研二に調教され、卑猥な言葉を口にするようになってしまった。こんなことを言う女性ではなかったのに、すっかりと染められてしまった……。
「たか君も、興奮してるね。カチカチだよ」
 七菜は、とろけた顔のまま僕のペニスを握ってきた。さっきから、僕のペニスはカチカチになっている。興奮しすぎなのが自分でもわかる。
「たか君も気持ち良くなって。私が研二さんにイカされるの見ながら、もっと興奮して」
 七菜は、そんなことを言いながら僕のペニスをしごき始めた。あれだけ何度も射精したのに、もう気持ち良い。一瞬で射精感が湧いてしまう。

「たか君、愛してる。愛してるのに、身体は研二さんのおチンポが良いって言ってるの……ごめんなさい」
 七菜は、泣きそうな顔で言いながらペニスをしごいてくれる。その言葉にすら興奮してしまう。研二は、ニヤニヤと楽しそうに腰を動かし続けている。もう、七菜を堕としたような気持ちになっているのだと思う。
「イクっ、オマンコイグッ、たか君のより気持ちいいおチンポでイクっ!」
 七菜は、のけ反りながら痙攣した。僕は、七菜の深いオルガズムを見ながら、あっけなく射精してしまった……。

 研二は、まだ射精しない。身体を硬直させている七菜を責め続けている。本当に、ペニスが子宮口を突き破ってしまうのではないか? そんな心配をしてしまうような激しい動きだ。もう、僕は雄としては完全に敗北だ。勝負の土台にすら上がれていない。
「もう、イッてっ! 無理っ、死んじゃうっ、イキすぎておかしくなっちゃうっ!」
 七菜は、追い詰められた口調で懇願する。でも、研二はまだ腰を動かしている。これだけ長く責め続けられる体力にも驚いた。研二は、興奮した顔で七菜を責め続けている。こうやって、七菜の未踏だった膣奥を調教しているのだと思う。

 七菜を、変えられてしまった……たった一度のセックスで、七菜はすっかりと堕とされてしまった。まさか、こんな事になるとは思っていなかった。いくらなんでも、研二との相性が良すぎる気がする。
 すると、研二がキスをした。七菜は、抵抗するどころか彼にしがみついて狂ったように舌を絡めている。無我夢中のキスを見せつけられて、おかしくなりそうだ。そして、長いキスが続く。ここまで長いキスを、僕ですらしたことがないと思う。
「んふっ、んぅ~~っ」
 キスをしたまま大きくうめく七菜を見て、僕は強い後悔を感じ始めた。こんな狂ったことを、するべきではなかったと。研二は、腰の動きを止めた。余裕のなくなったような顔になっている。さすがに射精しそうなのだと思う。
 すると、七菜の腰が動き始めた。キスをして抱きついたまま、腰をくねらせるように器用に動かしている。その生々しさにドキッとしてしまう。
「もう、無理、イッて。おかしくなる、気持ち良すぎてダメになっちゃう」
 七菜が、研二に射精を懇願し始めた。酷い姿だ……。はしたなく腰を動かしながら、射精をお願いしている。自分の嫁のこんな姿を見せられたら、全てが終わると思う。それなのに、僕は七菜のことを嫌いになるどころか、より強い執着心が湧いている。

「エロいね。腰の動き、ハンパないじゃん」
 研二がからかうように言うと、七菜はまた顔を真っ赤にした。ここまでのセックスをしておきながら、まだ恥ずかしいと思う気持ちが残っているみたいだ。
「もう無理なの、気持ち良すぎて怖いの。イッて、お願い」
 七菜は、必死でお願いをしながら腰を動かし続ける。研二は、余裕がないような雰囲気なのに、
「じゃあ、乳首舐めよ」
 と言いだした。七菜は、すぐに身体を窮屈そうに折り曲げながら研二の乳首を舐め始める。もう、必死すぎて哀れになってしまう。ぃ
「あぁ、気持ち良い。七菜ちゃん、メチャクチャ気持ち良いよ」
 研二は満足げだ。七菜は、はしたなく腰を動かしながら夢中で研二の乳首を舐めている。射精して欲しくて必死のようだ。このままでは、研二に七菜を奪われてしまう……そんな危機感で脚がガクガク震えてしまう。そして、やっと研二は限界が来た。
「出すよ。七菜ちゃん、出すよ」
 研二は射精を限界まで堪えるつもりみたいだ。
「イッてっ! 七菜の中でイッてっ!」
 七菜は、可愛い顔を快感に歪ませながら叫ぶ。見ているのがツラいくらいに、七菜は必死だ。
「イクっ、うぅっ」
 研二がうめきながら射精を始めると、七菜は自分から研二にキスをして舌をメチャクチャに動かし始めた。

 研二にしがみつきながら、舌を夢中で絡める七菜……研二は、快感が強いのかうめき声をあげている。七菜は、研二にしがみついたまま身体をガクガクッと震わせている。同時にオルガズムに達してしまったみたいだ。
 研二が射精を終えても、二人はまだキスを続けている。夢中で舌を絡ませながら、お互いに強く抱きしめ合っているようだ。本当に長いキスが続く。七菜は、とろけきってしまっている。

「フゥ……ありがとう。最高に気持ち良かったよ。今までで一番燃えたかも」
 研二は、やっとキスを終えてそんなお礼を言い始めた。
「わ、私も……すごかったよ。あんなの知らなかったもん」
 七菜は、モジモジと恥ずかしそうに言う。
「あんなのって?」
「それは……奥の方までググってなるヤツ」
「気持ち良かった?」
「うん。今まで経験したことがないくらい凄かったよ」
「それは良かった。もし良かったら、またしようよ」
「……ダメ。こんなのもうダメだよ。ハマっちゃいそうだもん」
「もうハマってるんじゃないの?」
「そ、そんな事ないよ! 全然余裕だもん。シャワー浴びてくるね」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

・友ママデリヘルアプリであこがれのママとい〜っぱいHなことしちゃお

友ママデリヘルアプリであこがれのママとい〜っぱいHなことしちゃお


「いいなぁ、きれいでいいにおいがする、やさしいお母さんがいて…」

優しくてきれいな友達のママ、近いけど遠い遠い憧れの存在
そんな手が届かないはずの憧れのママを…呼び出して、エッチなことが出来る
そんなアプリがある日タブレットに入っていて…

憧れの友達のママを風俗嬢に堕としてたった100円でエッチなことがし放題!?
性に目覚めたてのエロ○キが溢れる性欲そのままに憧れの存在を汚していく!

友ママデリヘルアプリであこがれのママとい〜っぱいHなことしちゃお


友ママデリヘルアプリであこがれのママとい〜っぱいHなことしちゃお

・デリヘルで呼べるご近所さん

デリヘルで呼べるご近所さん


【あらすじ】
地元から少し離れた繁華街で飲んだ帰り…
終電を逃した俺はホテルに入りデリヘルを検索していた。
そして見つけてしまった――見覚えのある口元を。

【内容】
すっかり大人になった幼馴染(30歳)を呼んでハメまくり!
散歩中にすれ違う清楚系OL(24歳)を呼んでハメまくり!
地元の店で働く顔馴染みの店員(35歳)を呼んでハメまくり!

デリヘルで呼べるご近所さん


デリヘルで呼べるご近所さん

・村の共有妻 和子 原作◆NTロボ

村の共有妻 和子 原作◆NTロボ ハードコア寝取らせ同人コミック実写化!


≪原作・NTロボ≫【村の肉便器となった巨乳妻を褐色Gカップ女優が再現!!】借金から逃れるため旦那の実家がある山奥に夜逃げした夫婦は、安全を保障される代わりに妻が村の所有物になる事を受け入れる。マゾな妻は性処理穴としてのシェアされる生活に向いていた。逆らえない男達に気軽に身体を使われ変態プレイにも従順に応じ、セックス中毒になり常に露出状態。やがてキメセク、中出しの快楽漬けの日々に溺れた妻は…。

メンエス好きな友人と、好奇心旺盛な僕の妻5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

 研二は、緊張した顔のまま七菜のショーツを脱がせていく。七菜は軽くお尻を持ち上げて、脱がせるのをアシストしている。七菜は、顔が真っ赤になっている。本当に恥ずかしそうだ。でも、脚は拡げているし、ショーツはそのまま脱がされていく。秘部の辺りにシミが出来てしまったショーツ……研二とキスをして手コキをしたことで、興奮したのだろうか?

「すごいね、濡れやすいんだ」
 研二は、デリカシーもなくそんなことを言う。確かに、七菜の膣口はしたたるように濡れてしまっている。こんな姿まで見られてしまった。僕の寝取られ性癖のせいで、こんな事までさせてしまった……。


「恥ずかしいよ。そんなに見ないで」
 七菜は、耳まで赤くしているわりに、脚は拡げたままだ。こんなに明るい場所で、まじまじと秘部を見たことはない。僕ではない他の男相手に興奮していると思うと、焦燥感が湧いてくる。研二はそのままスカートも脱がせると、ブラウスのボタンを外し始めた。こぼれ出るようにあらわになった胸、乳首は見てわかるほど勃起している。
 七菜は、あっという間に全裸にされてしまった。リビングで、全裸の七菜が仰向けで寝ている。そのすぐ横には、勃起したペニスをそそり立たせた研二がいる。異常な状況だ。でも、僕は興奮を抑えられずに成り行きを見守っている。

「すごい身体してるよね。メチャクチャ良い身体だね」
 研二は、七菜の全裸を見てそんな感想を漏らす。前回、二人は一緒にシャワーを浴びているので、すでに一度見ているはずだ。それでも研二は、感動した顔で言う。
「恥ずかしいよ……デブだもん」
 七菜は、モジモジと恥ずかしそうに言う。本気で自分がデブだと思っているようだ。七菜は、少しムチッとしてはいるが、デブという事はない。ウェストも、軽くくびれている。バレーをやっていたせいで太ももが太く、それを気にしているのかもしれない。
「全然デブじゃないって。こんなにエロい身体、見たことないよ」
 研二は褒めながら、おもむろに乳首をさすり始めた。手の平でこするように触り始めると、
「あっ、んっ、うぅ」
 と、七菜は可愛らしい声でうめいた。
「ヤバいね、カッチカチ」
 研二はからかうように言いながら、手の平で乳首を責め続ける。ムニムニと、複雑に形を変える胸。柔らかくて張りがあり、お餅のようだ。薄いピンク色の乳首は、見たこともないくらいに大きく勃起している。
「んっ、うぅ、あっ、気持ち良い……」
 七菜は、トロンとした顔で言う。他の男に感じさせられている……見ているのがツラい。でも、僕の興奮は高まるばかりで、堪えきれずに股間をまさぐり始めた。ズボンの上からの刺激なのに、もう射精してしまいそうになる。興奮が大きすぎるみたいだ。

 研二は、乳首を責めながらキスをした。七菜は、興奮した顔で舌を絡めている。積極的なキスだ。その姿に、強い嫉妬心が燃え上がる。研二は、舌を絡めながら乳首を責め続けている。彼の興奮も大きいようで、さっきから勃起したペニスが何度も縦に大きく揺れ動いている。それにしても、よくここまで本気のキスが出来るなと思う。僕が見ている前で、七菜とここまで本気のキスが出来るなんて、メンタルが強いと思ってしまう。
「気持ち良い?」
 研二が嬉しそうに質問した。
「うん。気持ち良いよ。すごく気持ちいい」
 七菜は、うわずった声で答える。でも、答えながらチラッと僕を見た。やっぱり、気にしているみたいだ。それでもあえぎ声混じりの吐息は漏れてしまうみたいだし、もっとして欲しいと訴えるような目になっている。

「じゃあ、こっちも」
 研二はそう言って、秘部に指を這わせた。彼の中指が、とうとう七菜のクリトリスの辺りをこすり始めてしまった。
「うぅっ、あっ、んっ、アンッ、ダメぇ、声出ちゃう」
 七菜は、声が変わった。もう、すっかりとあえぎ声だ。あっさりとあえぎ始めた七菜を見て、僕は裏切られたような気持ちになってしまった。自分で仕組んだことなのに、そんな感情を持ってしまう。
「すごいね、溢れてくるじゃん」
 研二は嬉しそうに指を動かし続ける。クチョクチョと響く水音と、聞こえ続けるあえぎ声。もう、このまま最後まで行ってしまいそうだ。
「だ、だって……気持ちいいから」
 七菜は、顔を真っ赤にしたままささやくように言う。研二は、指先でクリトリスを触り続ける。同時に、乳首への刺激も続けている。七菜は気持ちよさそうにあえぎながら、さらに膣から蜜を溢れさせる。もう、メンズエステごっこなど関係なく、ただ七菜が感じさせられているような状況だ。
「うぅっ、ああっ、アンッ、ダメぇ、イ、イキそう」
 七菜は、切なげな顔で研二を見つめている。すると、研二はクリトリスを触るのを止めた。
「ど、どうして? ダメ……止めちゃダメ」
 七菜は、焦れた顔だ。
「そんなに簡単にイッたらダメだって。もっと楽しまないと。ほら、口開けて」
 研二は、少しイジワルな顔になっている。七菜は不満そうな顔をしているが、素直に口を開けた。すると、研二が七菜の口に唾液の塊を垂らし始める。ツーッと糸を引きながら落ちていく大きな塊。七菜は、そのまま受け止めた。
「飲んで」
 興奮した声で言う研二。七菜は、素直に飲み干した。七菜は、目に見えてトロンとした顔に変わった。唾液を飲まされて、嫌がっている様子もない。
「美味しい?」
 研二が興奮した顔で聞くと、
「……わかんない」
 と、七菜は恥ずかしそうに答えた。でも、興奮しているのは伝わってくる。
「じゃあ、もう一回」
 研二がそう言うと、七菜は素直に口を開けた。七菜が研二に飲ませているときも、嫉妬したし興奮した。逆に七菜が飲まされるのを見せられ、もっと激しく嫉妬してしまうし、怖いくらいに興奮してしまう。

 研二は、同じように唾液の塊を垂らしていく。七菜は、それをしっかりと舌の上で受け止めて飲み干していく。やっぱり嫌がっている気配もないし、どこか嬉しそうだ。
「どう? 美味しい?」
 同じ質問をする研二。少しムキになっているのかもしれない。
「う~ん、わかんないよ。もう一回」
 今度は、七菜がもう一回と言った。嬉しそうに唾液を垂らしていく研二。七菜は、嬉しそうに飲み干す。そして、二人はほとんど同時にキスをした。待ちきれないという感じで、激しく舌を絡ませる二人……。見ていられないくらいに、感情を込めたキスをしている。七菜は、研二のことを好きになったのだろうか? そんなことを思わせるようなキスだ。

 そして、研二はキスをしたまま七菜のクリトリスをまさぐり始めた。さっきよりも勢いよくこすりあげている。
「んっ、うぅ~~っ、んっ、うぅっ!」
 キスをしたまま大きくうめく七菜。爪先がギュッと曲げられて、強い快感を感じているみたいだ。研二は、激しく舌を絡めながらクリトリスをこすり続ける。湿った水音はさらに大きくなり、溢れた蜜が太ももまで濡らし始めている。僕は、堪えきれずにペニスを出して、直接しごき始めた。
 驚くほどの強い快感に、一瞬で射精感が湧き上がる。もう、射精寸前だ。
「ダメぇ、イク、イクっ、イクぅっ」
 七菜は、背中を大きくのけ反らせながらオルガズムに達した。こんなに気持ちよさそうに果てた七菜を、初めて見た。敗北感と焦燥感で、身もだえしてしまう。それなのに、僕はオナニーを続けてしまうし、射精を堪えるのに必死だ。

「気持ち良い?」
 研二が興奮した声で聞くと、
「すごかった……上手なんだね」
 と、恥ずかしそうに答える七菜。はにかみながらも、その表情は発情した牝のようだ。七菜にこんな表情をさせる研二に、不安が大きくなる。そろそろ止めないと、とんでもないことになってしまいそうだ。
「まだだよ。もっと気持ち良くしてあげるから」
 そう言って、研二は指を二本膣に挿入した。
「うぅっ、ダ、ダメっ、抜いて、うぅあっ、こんな……ダメ、やり過ぎだよ」
 七菜は、さすがに慌てている。でも、研二は指をさらに奥まで挿入していき、膣中で動かし始めた。
「あっ、あんっ、うぅぅあっ、中ダメぇ」
 七菜は、彼の腕を掴んで引き抜こうとしている。でも、研二はそのまま指を動かし続ける。激しく動かしているわけではなく、膣中で動かしているような感じだ。それでも七菜は、必死の顔で研二の腕を掴んでいる。
「ここでしょ? ほら、もっと感じて良いよ。アイツも喜んでオナってるし」
 研二は、楽しそうに言う。七菜は、研二の言葉に僕の方を見た。ペニス丸出しでオナニーしている姿を見て、目をまん丸にして驚いている。僕は、思わず手を止めたが、ペニスを握ったままだ。

 僕の間抜けな姿を見て、七菜は研二の腕から手を離した。そして、力を抜いて抵抗を止めてしまった。
「そうそう。もっと感じてみなよ。アイツのこと喜ばせないと」
 そんなことを言いながら、指を動かす研二。左手の指で、クリトリスも触り始めた。七菜は、あえぎっぱなしになっている。もう、普通にセックスをしているときのようなあえぎ方だ。他の男相手に、こんなにも感じてしまっている。悪い夢でも見ている気持ちだ。
「イクっ、イクぅっ、イクぅ~~っ!」
 七菜は、今まで見せたこともないような果て方をした。脚をピンと伸ばし、背中は心配になるくらいに反っている。ガクガクと痙攣でもするように震えながら、とろけきった顔でオルガズムに達している。
 すると、研二は指を入れたまま、舌でクリトリスを舐め始めた。
「ダメぇ、舐めちゃダメ……汚いよ……」
 七菜は弱々しく言う。もう、身体に力も入らないようだ。
「大丈夫。本気汁美味しいよ」
 研二は、そんなことを言いながら舐め続けている。器用に舌でクリトリスの包皮を剥き、直接舐めている。
「ダメっ、ダメェッ、こんなの知らない……気持ち良すぎるの。怖いよ、もうストップ」
 七菜は、怯えた顔になっている。気持ち良すぎて怖い? どれほどの快感なんだろう? 研二は、指と舌で攻め続ける。七菜は、あえぎっぱなしになっていて、両脚がピンと伸びたり、爪先が曲がったり伸びたり、絶え間なく動いている。
 僕は、七菜をここまで感じさせたことはない。七菜は、初めて経験する快感に、怯えながらも何度もオルガズムに達している。敗北感が強くなる一方だ。

「イヤッ、イヤッ! 出ちゃうっ、なんか出ちゃうっ!」
 七菜は、悲鳴を上げながら潮吹きを始めた。透明の飛沫が、指の動きに合わせて大量に飛び出している。信じられない光景だ。潮吹きなんて、アダルトビデオの中だけの物だと思っていた。
「ホラホラ、もっと出して良いよ。デトックスだから、全部出さないと」
 研二は、そんなことを言いながら指を動かし続ける。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

夜な夜な響く、お隣の元ヤン若妻のあの声8(マガブロ 転載禁止)

前回の話

 壁の向こうで、ガタッと音がした。やっぱり、浩二さんも盗み聞きしているのだと思う。厳ついマッチョ系の彼がコソコソ盗み聞きしていると思うと、不思議な感じがする。
「なおくん、待っててね。勇気君にキレイにしてもらってくる。なおくんにも見せたことない恥ずかしい姿見られちゃうけど、許してね」
 美桜さんは、挑発的だ。僕をからかっているのか挑発しているのかよくわからないが、少し楽しそうだ。


「フフ、なおくんのおチンポ、もっと固くなったね。ドヘンタイじゃん。良いの? 美桜さんの初めて奪われちゃうよ?」
 梨沙ちゃんは、腰を卑猥に動かしながらそんなことを言った。梨沙ちゃんのアナルは、とにかくキツキツだ。入り口の部分限定だが、軽く痛みを感じるくらいだ。美桜さんは、恥ずかしそうに顔を赤くしたまま中村と風呂に行ってしまった。
 僕の部屋は、普通の1Kだ。美桜さんの部屋に比べると当然狭い。でも、風呂はファミリー向けの部屋と同じ造りなので、妙に広い。一人暮らしにはもったいないくらいの大きさがある。美桜さんが、中村にお腹を綺麗にされる……浣腸されるという事だろうか? 排泄姿を見られてしまう? 激しい嫉妬で息が苦しいほどだ。

「良いの? 止めないの? 浣腸されて、お腹の中のもの全部ぶちまけちゃうんだよ。そんな恥ずかしい姿、他の男に見られちゃうんだよ?」
 梨沙ちゃんは、僕を挑発しながらも楽しそうだ。そして、すごく気持ちよさそうだ。僕は、思わずどんな風にするのか聞いてしまった。
「シャワーのヘッド外して、ホースを突っ込むんだよ。それで、お湯でお腹の中いっぱいにして浣腸するの」
 梨沙ちゃんは、そんな風に説明してくれた。まさかのやり方だ。そんな事をして、お腹が破れないのだろうか? 驚きながらも、梨沙ちゃんもそうやってるの? と聞いてみた。
「そうだよ。いっぱい入れられると苦しくなるけど、すごく気持ちいいの。恥ずかしいけど、見られてるって思うとイッちゃうの……」
 梨沙ちゃんは、恥ずかしそうに言う。こんなに可愛らしい梨沙ちゃんが、淫乱なセックス狂いという事に驚かされる。あまりにも見た目とのギャップが強い。卑猥なスリット入りのランジェリー姿で、僕とアナルセックスを続ける梨沙ちゃん……すると、梨沙ちゃんは妖艶な笑みを浮かべながら、
「なおくん、口開けて」
 と、言ってきた。素直に口を開けると、梨沙ちゃんは唾液の塊を垂らしてくる。熱いものが口の中に入ってきて、ゾクゾクッとしてしまう。僕は、興奮しながらそれを飲み干した。
「美味しい?」
 梨沙ちゃんが可愛らしい顔で聞いてくる。こんな美少女の唾液なら、いくらでも飲める気がする。すると、梨沙ちゃんはさらに唾液を垂らしてきた。喜んで飲み干すと、梨沙ちゃんがキスをしてくれた。
 友人の彼女と、キスをしながらアナルセックスをする……背徳感がもたげてくる。同時に、強い興奮も感じる。すると、浴室の方から、
「ダメっ、見ちゃダメっ、イヤッ、イヤァっ!」
 と、美桜さんの必死の声が響いてきた。

「フフ、見られちゃってるよ。女の子の一番恥ずかしい姿、見られちゃってる」
 梨沙ちゃんは、声が震えて興奮しているのがわかる。梨沙ちゃんも、そうされたいのだろうか?その後も、断続的に美桜さんの悲鳴が聞こえてくる。何度もされているのだろうか? 心配で仕方ない。
「見たいの? ヘンタイ」
 梨沙ちゃんは、からかうような口ぶりだ。けして見たいわけではない。ただ、僕が知らない美桜さんの姿を、他の男に見られるのが悔しいだけだと思う。
「じゃあ、そろそろ奥に入れるね。ほぐれてきたから。酷い顔になっちゃうけど、ドン引きしないでね」
 梨沙ちゃんは、意味がわからないことを言う。どういう意味だろうか? と思う間もなく、梨沙ちゃんは腰を強く下に押しつけてきた。亀頭が、奥に突き当たる感じになった。膣みたいに、アナルにも突き当たりがあることに驚いたが、いきなりさらに奥に入ってしまった。

「アガァッ、うぅあぁ、入ったよ。結腸まで入ってる。おチンポおっきい」
 梨沙ちゃんは、予告どおり酷い顔だ。とろけてしまっていて、だらしなく開いたままの口からはよだれが垂れている。そして僕のペニスは、亀頭が肉に包み込まれているような感覚だ。膣に入れているような、それ以上の包み込まれ感がある。どうなっているのだろう?
「入ったよ。おチンポ長くないと入らないの。勇気のじゃ、これ出来ないの。あぁ、ダメ、イクイグッ、ケツマンコイグッ」
 梨沙ちゃんは、取り憑かれたように腰を動かしながら身体を震わせる。ちょっと怖いくらいに感じてしまっている。僕も、亀頭を直にこすられているような強い快感で、あっという間に限界が来ている。結腸に入る? そもそも、結腸ってなんだろう?
 すると、二人が戻ってきた。一端動きを止める梨沙ちゃん。でも、顔は酷くとろけきっている。戻ってきた美桜さんは、耳まで赤くしたままうつむいている。本当に恥ずかしそうだ。でも、どこかとろけたような雰囲気もある。

「美桜さん、イキまくってたよ。いっぱい出しながら、イキ狂ってた」
 中村が、興奮気味に言う。美桜さんは、さらに顔を赤くしながら、うつむいたまま何も言わない。梨沙ちゃんが、
「気持ち良かったでしょ? クセになっちゃう?」
 と、美桜さんに質問している。
「そ、そんなことない……恥ずかしいよ。あんなの、もうしないもん」
 美桜さんは、声が小さい。
「でも、なおくん嫉妬してるよ。おチンポカチカチになってる」
 梨沙ちゃんがそう言うと、美桜さんは嬉しそうな顔で僕を見た。
「ヤキモチ焼いてるの? フフ、嬉しいな。でも、ヘンタイだね。そんなの見たいの?」
 美桜さんは、やっといつもの感じに戻った。僕は、見たくはないけどヤキモチを焼いていると伝えた。
「フフ、じゃあ、見せてあげない。勇気君にだけ、見せるの」
 美桜さんは、挑発的だ。すると、梨沙ちゃんが、
「なおくんのおチンポ、結腸まで入ったよ。勇気が何回やってもダメだったヤツ、あっさり出来ちゃった」
 と、中村を挑発するように言う。
「そ、そんな……ダメじゃん。それしたら、好きになっちゃうんでしょ?」
 中村は絶望的な顔になっている。
「そうだよ。これしてくれると、一気に好きになる。なおくんのことはもう好きだったけど、もっと好きになった。愛してるって思ってる」
 梨沙ちゃんは、そんなことを言うと腰を動かしながらキスをしてきた。荒い息遣いと、激しい舌の動き。梨沙ちゃんがかなり興奮しているのがわかる。僕も夢中で舌を絡めながら、射精を堪えている。僕がキスをすると、美桜さんは悲しそうな顔になる。嫉妬されるのは、嬉しいと思ってしまう。

「気持ち良いっ、んおぉっ、おっぉぉっ、イグッ、ケツマンコイグッ! 好きっ、なおくん愛してるっ!」
 梨沙ちゃんは、本気の顔だ。こんな美少女に愛していると言われると、一瞬で僕も愛してると思ってしまう。
「あぁ、梨沙……そんな……」
 中村は、さっきまでのドヤ顔は消えている。優越感のようなものを感じていたような表情は、綺麗になくなっている。
「ゴメンね、勇気が出来ないことしてる。気持ち良いよ。勇気とするより気持ち良いの。ゴメンね、なおくんのこと本当に好き」
 梨沙ちゃんは、腰を押しつけるように動かし続ける。もう、限界だった。梨沙ちゃんに愛を告白されながら腰を動かされると、我慢なんて出来るはずがない。出ると告げると、
「出してっ! なおくん、奥に出してっ! 勇気が出せないところに、いっぱい出してっ!」
 と、我を忘れた顔で叫んだ。僕は、搾り取られるような感覚のまま、一気に射精を始めた。
「おおぉおぉおおおぉおぉっ!」
 梨沙ちゃんは、野太いうめき声をあげながら全身を硬直させている。もう、快感が強すぎて、ブレーカーが落ちてしまったようなリアクションだ。

 そして、梨沙ちゃんはグッタリとベッドにへたり込んだ。ペニスが抜けると、ぽっかりと穴が空いたようになっているアナルから、とめどなく精液が溢れてくる。
「勇気君、私もして。なおくんともしたことないこと、して欲しい。なおくんが見てる前で、美桜の初めてもらってください」
 美桜さんは、可愛らしい女の子のような顔でおねだりをした。僕を挑発しているのは間違いないと思う。それがわかっているのに、泣きそうなほどの嫉妬を感じているし、射精したばかりのペニスが意思を持ったように勃起しすぎて縦に揺れている。
「じゃあ、四つん這いになってみて」
 中村は、緊張気味に指示をする。美桜さんは、素直に四つん這いになった。本当に美しい人だと思う。怖いくらいに整った顔と、均整の取れたスタイル。胸も大きいし、くびれもある。そんな彼女が、お尻を突き出すようにして中村に恥ずかしい姿をさらしている。
 美桜さんの膣はすでに濡れて光っている。アナルは、キュッと閉じたような姿だ。色素沈着もさほど無く、綺麗なアナル周りだ。膣にもアナルにも、毛はない。ツルツルの膣周りは、アブナイ映像のようだ。

「じゃあ、ほぐしていきますよ」
 そう言って、中村はローションを指先に取ると、美桜さんのアナルに塗り広げていく。美桜さんのアナルに、中村の指が触れている……。もう、止めてくれと叫びたい。でも、興奮しすぎて手も触れていないのに射精しそうになってきた。
 中村は、人差し指をゆっくり入れていく。指一本のことなので、ほとんど抵抗もなく入っていく。
「うぅ……あぁ、入ってきた……」
 美桜さんは、軽くうめいた。でも、痛みは感じていないようだ。
「痛い?」
「平気」
 そして、中村はさらに指を奥まで入れていき、回すようにして穴を拡げるようにほぐし始めた。
「うぅ……変な感じ……あぁ、なんか出ちゃいそうな気がする……」
 美桜さんは、すごく恥ずかしそうだ。美桜さんは、アナルセックスくらい経験していてもおかしくないと思っていた。でも、本当に初めてのようだ。せっかく彼女の初めての男になれるチャンスなのに、みすみす中村に奪われてしまう……良いのだろうか? 葛藤してしまう。すると、梨沙ちゃんが僕のペニスを握りながら、
「元気だね。興奮しすぎじゃない? そんなに興奮しちゃうんだ。ヘンタイだね」
 と、微笑む。美桜ちゃんは、すっかりと可愛らしい女の子の顔に戻っているみたいだ。アイドルのような可愛らしい笑顔を見ていると、本気で好きになってしまいそうだ。

「大丈夫、さっき全部出したでしょ? もう、お腹の中空っぽだよ。あんなにたくさん出すとは思ってなかったけどね」
 中村は、すっかりと馴れ馴れしい口をきくようになっている。
「恥ずかしいよ……言わないで……最近便秘だったから……」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

Kindle新作です 童貞の家庭教師と、持て余した妻 137



母親として、妻として申し分のない真奈美。何一つ不満のない毎日を過ごしていた。

ある日、家庭教師が来る日に限って、妻がミニスカートを穿いていることに気がついた。

それは、持て余した妻の夫へのサインでもあり、家庭教師への誘惑でもあった……。

「私からは何もしないよ。でも、健吾くんがしたいことは全部受け止めようかなって……こんなおばちゃん相手に、エッチなことしたいなんて思わないかもしれないけど」



僕の出世のために、部長のイヤらしいセクハラにも笑顔で対応してくれる妻。

あまりに不甲斐なく、申し訳ない気持ちで日々過ごしていたが、妻は優しく気にしないでと言ってくれる。

その期待に応えるために、がむしゃらに頑張る日々。

ある日、自宅のソファに見慣れない電子タバコが落ちていることに気がついてしまい……。

「何だそれ。もしかして、今日はずっとそれ穿いてたのか?」
「そうだよ。まこととのデートの時も、これ穿いてたの」


《アマゾンKindle内の私のページです。新作がどんどん増えています!》

・1回イクごとに罰金1万円おしおきパパ活女子


あたしの名前は宝生セイラ
パパ活はじめて、おじたちから騙し取ったお金は総額50万!
ダイジョーブ、やばくなったら逃げればいいじゃん♪
って、思ってたのに…。

ある日
とあるやばい客に捕まっちゃって
スマホとかで今までやってきた証拠も全部おさえられちゃって…
通報しない代わりに提示された条件が

【1回イクごとに罰金1万円】

どうせオッサンに触られたって感じたりするわけないし、
ガマンしてれば終わる…!
そう、思ってたのに…。

「待って、何これ…?めちゃくちゃ気持ちイイんですけど…!」
1回イクごとに罰金1万円おしおきパパ活女子


1回イクごとに罰金1万円おしおきパパ活女子

・義姉はヤンママ授乳中



激エロ製作集団ルネピクチャーズが贈る『チンジャオ娘。』原作のコミックをOVA化!

ひょんなことから海水浴場のある温泉地へ、義姉家族たちと旅行にいくことになった拓也。
しかし、アイカと2人きりになれたというのにイイところも見せられず落ち込んでしまうのだった。
そんな義弟を慰めようと、アイカは人気のない岩場に拓也を連れていき…!?
冷めない熱をそのままに、宿に戻ってからも家族に隠れて愛し合ってしまう!

・僕は妻が寝取られ何度もイかされる姿を見続けた。3


可憐で美しい妻だけが僕の自慢だった。

妻の不倫を目撃してしまった僕。
不倫を止めさせたい。しかし、妻は僕ではなく本当は間男を愛しているのではないかという疑念が芽生え、不倫を問いただすことができないでいた。
苛立ちから僕は、憂さを晴らすように妻にひどいことを言ってしまう。
傷ついた妻は家を飛び出し、間男と共にどこかへ消えてしまう。
ふさぎこんだ僕に妻の携帯から動画が送られてくる。
くしくも今日は僕のハッピーバースデー。
送られてきたのは最悪な誕生日プレゼントだった。

僕は妻が寝取られ何度もイかされる姿を見続けた。3


・催●性指導 総集編


「催●性指導」シリーズ初のゲーム化!
人気メーカー「だーくワン!」が贈る本格派「学園催●支配ADV」
『催●性指導 -Secret Lesson-』ご予約はこちらから!

★『催●術×寝取り』★

青春を謳歌する、愛し合うカップル達。
常識を操作された彼らは、愛し合うが故、
自らの意志でその身を捧げる…

「性指導」と称し、彼氏の目の前で彼女を寝取る!
常識改変催●シリーズ、大ボリュームの総集編!


・巨根の兄、生意気でドMな妹とイチャイチャする2



▼あらすじ
妹・リナの誕生日に合わせて、地元へと帰省した主人公。
サプライズでリナの働くメイド喫茶に立ち寄り、連れ立って帰宅するが
道中でカップルのように手を繋いでいたせいかムラムラとし、家に着くなり互いに求めあってしまう。

さらには、誕生日のお願いとして、
『電マで攻めながらメイドコスの私をめちゃくちゃにして欲しい』と恥ずかしそうにおねだりするリナに、
主人公の興奮は一気に高まり…

縄で縛りあげたリナにチ〇ポを咥えさせながら電マで何度も絶頂させ、
敏感になったマ〇コを欲望のままハメ倒す…ッ!!

汗だくになるまで肌を重ねた二人は、恋人気分を味わいながら朝を迎え―

寝取られ電子書籍

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています
《アマゾンKindle内の私のページです。新作がどんどん増えています!》



Kindleで電子書籍にしました

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られ体験談や人妻との体験談を中心とした、ここだけのオリジナル作品です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です。
http://kokuhakutaiken.com/blog-entry-6389.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、このTwitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/hmoetaiken

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

検索フォーム

kindle出版しました












PRエリア