☆kindleで本を出しました。小柄で可愛い妻がナンパされているのを見て、寝取られ性癖が開花した

NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・妻がこっそりと裏垢サイトを見ていた
電子書籍を出版しました!
・会社の後輩がシリコンリングを入れたと話したら、嫁が興味を持ってしまった
寝取られ・人妻作品レビューサイトの更新分です。
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下ー完ー
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・会社の事務の女の子には、秘密の副業があった2
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって5
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男4
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻4

続きを読む

姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下ー完ー(マガブロ 転載不可)

前回の話

「コーヒー、美味しいです。これって、なんか高い豆とかなんですか?」
 コーヒーをすすった研二が、目を丸くして言う。そんな様子を見て、涼子は嬉しそうに、
「ブレンドしてるんだよ。美味いだろ?」
 と言った。涼子は、料理と同じようにコーヒーにもこだわりがある。色々な種類の豆を買ってきて、自分で挽いて組み合わせている。
「はい。マジで美味いです。今まで飲んでたの、なんだったんだろう」
 研二は、真剣な顔で言う。

さっきまで、異常な3Pをしていたとは思えないような、穏やかな朝のひとときになっている。
「研二も、早く良い子見つけて結婚しな。ホント、時間なんてあっという間に過ぎちゃうから」
「そうですね。でも、なかなかいい子いなくて。そもそも、俺のチンポだと痛がる子が多いんで」
「まぁ、子ども産んだら変わるだろ。いつまでも乱れたセックスばっかりしてると、本物のヘンタイになるぞ」
「先輩みたいにですか?」
 笑いながら言う研二。
「直道のは、ただの寝取られ性癖だから。プレイ自体がヘンタイってわけじゃないし」
 涼子は、そんな事を言ってかばってくれる。なんというか、変な感じだ。

「涼子さんもけっこうヘンタイですよね〜。普通、両穴ファックであんなに感じないですもん」
「うるさいよ。無理矢理したんだろ? 別に気持ちよくないし」
「またまた〜。でも、マジで10年ぶりなんですか? あんなにあっさり入るなんて、絶対に怪しいっす」
「それは本当だよ。ただ、10年前は拡張プレイとかされてたから……これでも元に戻った方なんだ」
 涼子が、驚くようなことを言う。そんな過去があったなんて、当然初耳だ。
「えっ!? マジですか? 涼子さんがそんなプレイを受け入れるなんて、相手はどんな人だったんですか?」
 研二も、俄然興味を引かれたようだ。
「それはいいよ……思い出したくないことだし。チンピラみたいなヤツだよ」
「マジッスか。そういうヤカラが好きなんですか?」
「別に、そんなんじゃないけど……」
「そっか、意外に涼子さんドMですもんね。そういうのに弱いんだ。俺、頑張って涼子さんのこと調教しましょうか? 拡張ともしちゃいますよ」
「アンタじゃ無理。そんな気にもならないし」
「じゃあ、そんな気になる相手だったら、調教されたいんですか?」
「ち、違うよ。バカか。いいから、飲め」
 涼子は、かなり動揺している。私は、強い興奮を感じていた。涼子が、チンピラみたいな男に調教されていた? 強気で男勝りの涼子が、そんな体験をしていたことが信じられない。

「ハァ……なんでおっ立ててるんだよ。想像したのか? 私が拡張とか調教されてる姿を」
 涼子は、私の股間を見てあきれたように言う。私は、思わずゴメンと謝った。でも、想像したと告げた。
「そんなに見たいのか?」
 涼子は、急に緊張した顔で言う。私は、どういう意味だろう? と思いながらもうなずいた。
「待ってろ……」
 そう言って、涼子はリビングを出て行った。そして、少しすると本を持ってきた。なんだろう? と、思ったが、それは素人投稿系のエロ本だった。

「ほら……」
 そう言って、ページを開いて見せてきた。そこには、アナルに拳を入れられて、両手でピースをしている女性が映っていた。
 目の所に黒塗りがしてあって、顔はハッキリとはわからない。その女性は、卑猥なランジェリー姿で男性に抱え上げられながら、アナルに拳を入れられている。
 写真は4枚ある。とろけきった顔のアップは、どう見ても涼子の顔に見える。特徴的な、唇の上のほくろも一致している……。
 もう一枚は、マジックのようなモノで牝豚とか淫乱とか肉便器と落書きされた涼子が、おしっこをしている。
 もう一枚は、男性にまたがっている涼子がアナルを他の男性に犯されていた。さっきしたサンドイッチファックだ……。

「こ、これ涼子さんっすか!? スゲぇ」
 研二は、本当に驚いた顔でページを凝視している。
「無理矢理されたんだよ。ホント、最悪な思い出」
 涼子は、少し怒ったような口ぶりだ。でも写真の中の涼子は、どう見てもとろけた顔になっている。喜んでプレイをしているように見えてしまう……。
「いやいや、顔とろけきってますって。こう言うの、好きだったんだ。ビックリです」
 研二は、かなりテンションが上がっている。
「ゴメンな、黙ってて」
 涼子は、私に謝ってきた。私の目を見ることが出来ないようだ。普段の彼女からは、想像もつかないような弱々しい態度だ。
 私は、今はこんな願望はないのかと聞いた。
「ないよ。あるわけないだろ。若気の至りだよ」
 涼子は、そんな事を言う。すると、いきなり研二が涼子を押し倒した。
「ちょっ、何やってるんだよ!」
 慌てて押しのけようとするが、研二は強引に涼子のスカートをまくり上げてしまう。
「メチャ濡れてる。興奮してるじゃないですか」
 涼子のショーツには、ハッキリとシミが出来ている。
「バ、バカ、これはさっきの精液だから」
 涼子は、慌てて説明する。でも、研二は強引にショーツまで脱がせてしまった。
「あれれ? ザーメンじゃなくてマン汁溢れてますよ。思い出してたんですか?」
 研二は、本当に楽しそうに言う。確かに、涼子の膣からは精液は溢れていない。でも、透明の蜜が溢れて太ももの付根あたりまで垂れ流れている。

「先輩、マジック持ってきて下さいよ」
 研二が、楽しそうに言う。
「なに言ってんだよ。いいから離せって」
 涼子は、ジタバタしている。でも、研二が両脚を拡げたまま押さえつけているので、力が入らないみたいだ。
 私は、すぐにキッチンの所のマジックを持ってきた。それを研二に渡すと、
「なに渡してんだよ。バカか」
 と、涼子に怒られた。でも、研二はそのままマジックで涼子の恥丘の辺りに、淫乱と書いてしまった。
「ふざけんなって、やめろ」
 さらにジタバタする涼子。
「ほら、先輩も押さえて!」
 研二が指示をしてくる。私は、すぐに涼子の手足を押さえつけた。

「何やってんだよ。頭おかしいのか?」
 涼子は、私をにらみつける。研二は、すぐに落書きをした。太ももの辺りに膣に向かって矢印を書き、中出し専用とか、肉便器と書いている。
「うぅ……やめろ……あぁ」
 涼子は、落書きされると弱々しくなっていく。と言うよりも、明らかに顔がトロンとしているように見える。

「あらら、マン汁溢れてきた」
 研二が言うように、涼子の膣からの蜜はさらに流れ出している。こんなに、目に見えてわかるほど溢れるものなんだろうか?
「上も脱ぎますよ〜」
 研二は、強引に涼子の上着も脱がせた。大きな胸がブルンと揺れながら姿を見せる。さすがに多少は垂れているが、37歳という年齢を考えると、とても良いおっぱいだと思う。
「やめろ……こんなの……」
 涼子は、急に弱々しくなった。研二は、興奮した顔で涼子の胸にも落書きをする。ガバマンとか、淫妻とか書いている。
「うぅ、あぁ、ダメぇ、こんなの……子ども達に見られたら……」
 涼子は、弱々しい声を出す。でも、顔は完全にとろけてしまっていて、私の拘束を振りほどこうというあがきもなくなった。

 研二は、ニヤニヤしながらスマホを取り出す。そして、涼子を撮影し始めた。
「ダ、ダメ……こんなの……うぅあぁ、イヤァ」
 涼子は、卑猥な姿を撮影されながらも抵抗をしていない。シャッター音が響く度に、ビクッと身体を震わせる。
「オマンコ、ドロドロだ」
 そんな事を言いながら、涼子の膣周りを撮影している。
「うぅぅ、ダメぇ、撮らないで、もう……うぅあっ、あっ、うぅっ!」
 涼子は、うめきながら身体を震わせた。
「あ〜あ、イッちゃった。オマンコ撮影されていくなんて、ドMもいいとこですね」
 研二は、すっかりと調教モードだ。意外なほどに、こういうプレイが上手い。
「違う……イッてない……」
 涼子は、とろけきっている。すると、研二は強引に涼子を四つん這いにする。そして、私に涼子とキスをするように指示をしてきた。
 私は、すっかりと場の空気に飲まれていて、言われるままに涼子にキスをした。
 涼子は、すぐに舌を絡めてきた。やっぱり、とろけきって興奮しているようで、メチャクチャに舌を使っている。そして、研二はそのまま後ろから涼子を貫いた。今さらと思うが、生挿入だ。
「うぅっ!」
 涼子は、キスをしたままうめく。すると、研二はすぐに腰を振り始めた。それは、感じさせようとか気持ちよくなって欲しいとか、相手のことを考えている動きではなく、とにかくメチャクチャに腰を動かしているような激しい動きだ。

「うぅっ、うぅ〜〜っ」
 涼子は、激しくうめく。そして、私にしがみつく。キスをしたままなので、研二の腰の動きがダイレクトに伝わってくるようだ。不思議な感覚だ。まるで、私まで犯されているような変な気持ちになってしまう。
「酷い格好で犯されてますね。こんなのが好きなんでしょ? 涼子さんがドMだなんて、マジでビックリです」
 研二は、楽しそうに腰を動かし続ける。メチャクチャに腰を振り、犯しているような強さで責め続けると、涼子は明らかに強い快感を感じているみたいだ。
 でも、それなのにキスをやめない。むしろ、絡みついてくる舌の感触は強くなる一方だ。

 それにしても、酷い姿で犯されている。胸や恥丘の落書きは、エロ同人誌やアダルトビデオでしか見ないようなものだ。涼子は、うめきっぱなしで感じ続けている。
「ほら、もっとイケッ!」
 研二は、そう言っていきなり涼子のお尻を平手打ちした。乾いた音が響くと、涼子は身体をブルッと震わせて大きくうめく。
「ケツ叩かれてイクんだ。ほら、もっとイケッ!」
 研二は、完全に調子に乗っている。でも、お尻を叩かれる度に、涼子はさらにとろけていく。あまりに意外な一面だ。

 ふと横を見ると、さっきの雑誌が開いたままになっている。かなり古い本だが、素人投稿物の雑誌の老舗だ。まさか、自分の妻がそれに載ったことがあるなんて、想像すらしたことがなかった。

 拳をアナルに入れられている姿……おしっこをさせられている姿……。今の涼子からは、まったくイメージすることも出来ない姿だ。

「イグゥ、イグっ、んおぉおっ、ケツマンコに入れてっ! 犯してっ! メチャクチャにしてっ!」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

旦那に捨てられた群馬のバツ1シンママを黒人棒で3P救済種付け怒涛の滅多挿し鬼突きピストン中出し4連発!



日本の女子が大好きなアメリカ人です。今回も日本の友人に協力してもらい

キュートな日本の女の子たちと僕の中出しセックス動画を大公開しちゃうぞ〜

さて今回撮影に来てくれたのは、群馬県○崎市のシングルマザー!のぞみさんの登場です!

見るからに若い彼女は22歳にしてシングルマザーなんですって!

これには深〜い深〜い事情がございまして‥

【リゾートホテルその後…壮絶3Pからの続編:まだまだ彼氏とやり続けた妻でした】



淫熟妻RENのオリジナル動画・NTRシリーズを公開します。

今回の作品は前作品〝リゾートホテルで屋外3P!編〟からの続編となります。

リゾートホテルからHOTELを変えた妻と彼氏・・・二人きりの宿泊先での撮影

つまり『完全貸出』での作品となります。
苦しいほどの嫉妬心に耐えながら 妻を彼氏に 一晩 預けました。

決して派手な内容ではないんですが、この普通っぽさが逆にイイみたいな感じです(^^;)

彼氏との時間が当たり前になってます
日常的な会話もアリな二人の世界・・・

続きを読む

増えていく変態PLAY・・・彼氏へ貸出するとエグいんです!



愛する妻を公認彼氏へ完全貸出する・・・
つまり、 二人きりで好き勝手に過ごしてもらう一日。

どれだけ優しい彼氏だとしても、そこはやはりオトコ
二人きりになればオオカミに変貌するみたいな・・・

特に今回は、ドS感が際立ってる感じのシュチュエーションが多かったです

明らかに違うのは照明が明るいという事。
彼氏に撮られるという事を、妻も覚悟を決めたのでしょうね。


いつもと違った完全貸出NTRな妻と彼氏のPLAY、、、

続きを読む

NTR報告 後輩くんの虜になり、中出しされる嫁ちゃん



嫁ちゃんをプライベートを晒しているダメ夫の「きくいち」です。

「@kikuichi0610」

身バレ防止厳守ですので、知っている場所があっても静観していただけると嬉しいです。

※嫁ちゃんスペック
20代後半
出産経験あり
元モデル

この時も嫁ちゃんは何事もないかのようにいつも通りに過ごしています。

あれからしばらく時間が過ぎて、完全にSEXフレンド以上の関係になり、
恋人のような関係で続いています。

後輩くんは自慢気に「奥さんこんなことしてくれました」と報告してきます。

最初は嫉妬がすごかった私ですが、嫁ちゃんの変貌ぶりを見ると、
抑えつけてきていた欲情をぶちまけているんだなと俯瞰して見られるようになりました。


私の知らない嫁ちゃんの部分を知られる喜びと
背徳感を楽しませてもらっています。

この頃遂に後輩くんの口から「奥さん中に出してほしいとせがむようになってきました」と報告がありました。

続きを読む

電子書籍 kindle出版しました! 会社の後輩がシリコンリングを入れたと話したら、嫁が興味を持ってしまった



ある日、会社の後輩がシリコンリングを入れたと自慢してきた。

なんの気なしにそれを嫁に話したら、興味を持ってしまって後輩を家に招くことに。

想像を超えるほどの異形の姿に、好奇心を抑えきれなくなった嫁は……

一度知ってしまったら、二度と忘れられない。植え付けられた快感に、嫁が選んだ選択とは……

「えっ? こんなに大っきいの⁉ それがリング? ぐるっと一周してるんだ!」

続きを読む

先生は出会う前から調教済み

先生は出会う前から調教済み

初めて出来た彼女は

年上だけど可愛くて
優しく勉強を教えてくれる塾の先生。

―そしてついに迎える初エッチ
自分は童貞だったのに…

「私のこと乱暴に扱ってくれない?」

なんと先生は自分をオナホ扱いして
欲しいと言い出しすドM女…―!?

そして先生の要望はだんだんエスカレートしていき

目隠し、拘束、コスプレエッチ
イラマチオにごっくん、スパンキングまで…
先生は出会う前から調教済み


先生は出会う前から調教済み

続きを読む

数ヶ月ぶりのデカチンで、妻「おっきぃ♥」連呼!ゴム使うと旦那にバレるので、今日は生ハメOK!



サレ夫です。

【完全素人寝取られ動画】数ヶ月ぶりのデカチンで、妻「おっきぃ♥」連呼!ゴム使うと旦那にバレるので、今日は生ハメOK!_後編
https://adult.contents.fc2.com/article_view.php?id=2639865

の、横アングル撮影版です。

すこし画質が悪いですが、普通に見れる範囲だと思います。
騎乗位は後ろから見るのが好きですが(※完全に好み)、
立ちバックは横からがいいですよね。(※これも完全に好み)

できれば前方斜め下から撮れれば良いのですが、難しいです・・・。

続きを読む

無防備すぎた美爆乳妻は義理の父に寝取られ彼を愛してしまう。 姫咲はな

無防備すぎた美爆乳妻は義理の父に寝取られ彼を愛してしまう。 姫咲はな


体調不良で寝込んだ義父を「はな」は看病する。無防備な彼女の素晴らしいオッパイに義父は勃起してしまい、経験の少ない「はな」にエロ行為を働く。彼女も逞しい義父のチンポに濡れてしまい、流されてしまう。老練なセックスにメロメロにされた「はな」はセックスに覚醒し無邪気に快感を求めて行く。

無防備すぎた美爆乳妻は義理の父に寝取られ彼を愛してしまう。 姫咲はな


無防備すぎた美爆乳妻は義理の父に寝取られ彼を愛してしまう。 姫咲はな


vrsefa.gif

姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下6(マガブロ 転載不可)

前回の話

 涼子が、明らかに今までとは違いすぎるリアクションをしている。素直にありがとうと言った……。研二に対して、心を開きすぎているのではないか? そんな不安を感じるような態度だ。

「もっとキスしても良いですか?」
 研二が真面目な顔で聞くと、
「べ、別に好きにしたら良いけど……」
 と、涼子は妙にドギマギしたような顔で言う。正直、かなり危機感が強くなってきた。まるで、女の子になってしまったみたいなリアクションをしている。いつもの強気など、どこにもないような態度だ。


 研二は、嬉しそうにキスをする。涼子のことを抱きしめながら、本気のキスをしているように見える。そして、そのまま長いキスが続く。
 涼子はすぐに自分からも舌を絡めていき、研二に抱きつくような状態になっている。朝っぱらから、こんなにもガチのキスを始めるなんて、この先どうなるのだろう? 心配で仕方ない。

「も、もう良いだろ? いくらなんでも長すぎる」
 涼子は、かなり照れたような口調で言う。でも、研二はまたすぐに涼子を抱きしめてキスをする。涼子は、戸惑いながらも舌を絡めている。
 もう、10分くらいキスをしていると思う。涼子は、時折心配そうにこっちを見たりもする。でも、徐々にこちらを見ることもなくなってきて、夢中でキスをしているような態度になってきた。

 涼子は、全力でキスをしているように見える。いつの間にか、研二よりも熱心にキスをしている感じだ。そして、思い切り抱きしめるようにしながら舌を激しく絡め、身体をブルッと震わせるようにした。
「涼子さん、キスでイキましたね。そんなにキスが好きですか?」
 研二は、得意気に言う。
「べ、別に……まぁ、少しは……」
 涼子は、やっぱり顔を赤くして恥ずかしそうになっている。どんどん乙女になっていく……そう思うと、不安しか感じない。
「涼子さん、口開けてみて下さい」
 研二が指示をすると、涼子は素直に口を開ける。研二は、涼子のアゴを持って上を向かせると、唾液を垂らし始めた。けっこうな塊が、涼子の口の中に入っていく……。
 涼子は一瞬目を大きく見開いたが、それをあっさりと飲み干してしまった。そして、はにかむように自分から研二にキスをした。

 そしてしばらくキスをした後、研二はキスをやめた。
「なんか、思ったより本気のキスになっちゃいましたね」
 研二がニコニコしながら言うと、
「ほら、続けるぞ」
 と、やっぱり恥ずかしそうに言う涼子。
「でも、先に朝食食べましょうよ」
 研二は、そんな風に言って食卓についた。涼子は、見てわかるほどガッカリした感じになる。でも、何も言わずに研二の前にひざまずき、彼のズボンを降ろし始めた。
「我慢出来なくなっちゃいました?」
 研二がニヤニヤしながら言うと、
「別に」
 と、涼子は素っ気なく答える。でも、すでにズボンは膝まで降ろされているし、パンツにまで指をかけている。
「ビッグフランクフルトが食べたくなっちゃいました?」
 研二はふざけた口調だ。涼子は、それには何も答えない。そして、無言のまま研二のペニスをくわえていく。それは、すごく心のこもったように見えるフェラチオだ。
「そんなに我慢出来ないんですか?」
 研二がドヤ顔で聞く。でも、すぐに、
「いたたたた! ち、千切れますって!」
 と、痛そうな顔に変わった。涼子は、研二のペニスを噛んでいるみたいだ。
「余計なこと言うと、噛み千切るぞ」
 急にいつもの涼子が出てきた。涼子らしい一面を見て、少しホッとした。

「じゃあ、黙ってハメます! どっちに欲しいですか?」
 研二は、まだ少し痛そうな顔のままだ。涼子は、なにもも答えずに椅子に座っている研二の上にまたがって行く。そして、彼のペニスを掴むと、自らアナルに導いていった……。
「うぅっ、あぁ、太い……」
 涼子は、すぐに甘いような声を漏らす。ついさっき、朝からアナルセックスをしたばかりなのに、またすぐにアナルセックスを始めてしまった……。
 10年以上アナルセックスをしていなかったと言っていた。久しぶりにしたら、そんなに気持ちよかったのだろうか?
「ホント、お尻大好きなんですね。10年してなかったって、嘘くさいです」
 研二がどちらかというとからかうような口調で言う。
「してないって言ってるだろ。いいから、黙ってろ」
 涼子は、いつもの男っぽい口調だ。でも、明らかにいつもと違ってとろけているような感じだ。
「じゃあ、黙って動きます」
 そう言って、研二は腰を突き上げるように動かし始めた。
「うぅっ、あっ、ンッ、うぅっ、あっ、もっとっ」
 涼子は、すぐにあえぎ始めた。そして、研二にしがみつくようになり、あっさりと感じ始めてしまった。アナルを犯されて感じている涼子を見て、猛烈な興奮を感じてしまう。そして、今さらかっこ付ける必要もないと思い、ペニスを出してオナニーを始めた。
「な、なに出してんだよ。朝っぱらからオナニーなんて、いかれてるのか?」
 涼子は、私のオナニーを見ながらあきれたように言う。でも、言っている涼子はアナルを激しく犯されながら恍惚とした顔になっている。

「先輩、めちゃくちゃ見てますよ。涼子がさんがケツマンコほじられてよがってるの見てる」
 研二は、さっきまでのビビりモードが消えている。本当に楽しそうに、本当に気持ちよさそうに腰を突き上げながら、涼子のことを言葉責めっぽく責める。
「うぅ、見るな……ダメ……あぁ、見られてると……うぅっ、火がつく……ヒィうぅ」
 涼子は、真っ直ぐに私のことを見つめながらあえぐ。罪悪感を感じているようでもあるが、興奮しているようにも見える。

「やっぱりそうだ! 先輩のこと言ったらもっと締まってきた」
 研二は、名探偵登場! という感じで言う。
「ち、違う……うぅ、あぁ、ダメ、もうイク、うぅぅっ、ストップ、もう、あぁっ、ヒィッ、うぅっ」
 涼子は、余裕の全くないような声で言う。でも、研二は力強く腰を突き上げ続ける。意外なほど力強い。
「ほらほら、見てますよ。先輩、涼子さんのこと見ながらオナってる」
 研二が楽しそうに言う。私は、そんな涼子を見ながらオナニーを続ける。本当に気持ちいい。こんな快感を知ってしまったら、私も抜け出せそうにない。

「気持ちいいっ、もっとっ! 強く、うぅっ、あぁ、イクっ、イッちゃうっ、直道、見るな……見ないで、うぅっ、あっ、イクっ、イクっ、ケツマンコイクっ!」
 涼子は、我を忘れたように叫ぶ。そして、研二は動きを加速する。激しく突き上げられ、涼子はさらに追い詰められたような顔になった。
 なんとなくわかっていたが、明らかに膣でのセックスよりもリアクションが大きい。アナルの方が気持ちいいのだろうか?

「ほら、先輩にイッていいか聞かないと」
 研二は、さらに調子に乗っている。意外なSキャラぶりに驚かされる。
「うぅああっ、直道、イクっ、イッて良い? ケツマンコでイッても良い?」
 涼子は、信じられないような言葉を口にする。いつも強気で男勝りな涼子が、弱々しくこんな事を聞いてくる……。私は、心底驚きながらもペニスをしごき続ける。もう、オナニーをとめることが出来ない。
 涼子は、何かを堪えるような顔で私を見つめる。私はうなずいた。すると、涼子は堪えきれなくなったように研二にキスをした。
 涼子の腕の筋肉が盛り上がる。全力で抱きついているようだ。そして、研二も舌を激しく絡めながら腰を突き上げ続ける。涼子の身体が、上下に踊るように動く。肉と肉がぶつかる音も大きい。それにしても、やっぱり力強い動きだ。
 すると、突然ビチャビチャッと水が床に落ちる音が響く。
「ダメぇっ、ストップ、もう無理、ううぁっ、とめてっ、イヤ、イヤァ!」
 涼子が、信じられないくらいに弱々しい声で言う。でも、研二は腰を突き上げ続ける。みるみる床は水たまりが出来ていく。
「メチャ潮吹きしますね。そんな気持ちいいっすか?」
 研二は、本当に満足そうだ。
「イヤッ、ダメっ、止まらないっ、うぅっ、見ないで、直道、見ないで……」
 涼子は、泣きそうな声で言う。そして、直後に涼子はのけ反りながら硬直した。全身に力が入っているようで、不規則に痙攣するような動きをする。

 研二は、やっと動きをとめた。
「めちゃくちゃ感じてましたね。でも、先輩まだイッてないですよ。どうですか? 一緒に協力プレイしても良いですか?」
 研二は、勝手に話を進めていく。涼子は、荒い息遣いのまま、声も出ないみたいだ。研二は、涼子を持ち上げるようにして後ろを向かせる。ペニスを入れたまま、涼子を私の方に向かせてしまった。
 涼子は、だらしなく脚を拡げている。アナルに入ったままのペニス……そして、恐ろしいほどに濡れている膣。よく見ると、精液が少し流れ出てきてしまっている。
 昨日の夜の精液……中出しを許してしまうなんて、いくらなんでもやり過ぎだったと思う。でも、涼子の膣から他人の精液があふれ出ていると思うと、それだけで信じられないくらいに興奮してしまう。

「先輩、入れてみてください」
 研二が涼子の脚を抱えるようにして言う。アナルに入れた状態で、膣にも入れる? そんな事が出来るのだろうか? 涼子は、弱々し顔で私を見つめている。
「……大丈夫だから。来て」
 涼子も、拒否するどころか誘ってきた。私は、吸い寄せられるように涼子の前に立ち、ペニスを握って膣にこすりつけた。
「うぅっ、固い……なんでこんなに固いんだよ……ドヘンタイ」
 涼子は、とろけた顔のまま憎まれ口を叩く。涼子は、こんなセックスの経験もあるんだろうか? アナルセックスの経験があると言うことは、それなりに経験をしてきたと言うことだと思う。
 過去に嫉妬しても仕方ないが、それでも色々考えて嫉妬してしまう。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

夫よりもデカい頑強ち●ぽでねっとりハメ倒される妊活中ドスケベボディ元魔法少女人妻萌美さんと…

夫よりもデカい頑強ち●ぽでねっとりハメ倒される妊活中ドスケベボディ元魔法少女人妻萌美さんと…+α


十数年前は一世を風靡した魔法少女であった夢月萌美。娘を身ごもってからは魔法少女を引退し、愛する夫の誠也と見習い魔法少女である娘の萌乃と幸せに過ごしていた。――性生活を除いては。

夫との妊活が上手くいかず身体が悶々とした日々を送る萌美の元に、魔法少女管理局から連絡が入る。それは世界を平和で統治する魔法少女が次々と失踪している知らせだった。

魔法少女として活動再開した萌美は捜査を、そして見習い魔法少女の萌乃は疑いのある病院へ潜入捜査をするも、犯罪組織の幹部に萌美は拘束され、萌乃は無知すぎるゆえにドスケベセックスを教え込まれてしまう。
愛する夫と妊活中の元魔法少女欲求不満人妻 と エロに無知なむちむち見習い魔法少女 のドスケベボディ母娘は、果たして平穏な日々を取り戻す事ができるのか…!

夫よりもデカい頑強ち●ぽでねっとりハメ倒される妊活中ドスケベボディ元魔法少女人妻萌美さんと…+α


夫よりもデカい頑強ち●ぽでねっとりハメ倒される妊活中ドスケベボディ元魔法少女人妻萌美さんと…+α

続きを読む

僕の母さんで、僕の好きな人。4



夏休み、優太と母のかおりは家族で海に旅行へ来ていた。

その夜、旅館で過ごすことになったが、他に客はほとんどいない貸し切り状態。

混浴の温泉で、母のかおりの裸を見て、勃起してしまう優太とあきれる母。

二人は誰も来ない温泉で、さらには旅館の部屋で、寝ている夫(父)の隣で二人は愛を確かめ合って…!?

実母×息子のいちゃラブ性活第4弾!



続きを読む

中に出した精子ぜんぶ出す【ある変態夫婦の記録】



奥様と中だしセックスしたときの映像を送って下さいました。
旦那(仮男さん)が手持ちでカメラを回しています。

奥さんは学生時代に雑誌のモデルをしていたらしく、日本人離れしたスタイルの良さです。
程よい大きな乳房が引き締まったウエストが良いコントラストになっています。
肌は白くてきめが細かく、乳首はうっすら赤く健康的です。

現在奥さんは個人事務所で金融関係の仕事をしているそうです。
本人は今の仕事で十分満足しているとのことで
モデルの仕事は一切していないらしいです。
はたからみるとなんだか少しもったいない気もします。
ちなみに奥さんはアラフォーとおっしゃっていましたが、
20代と言われても違和感はないです。

続きを読む

電子書籍 kindle出版しました! お裾分けをもってくる隣の若妻に、丸めたティッシュを見られてしまって



お隣の若妻さんは、よく差し入れを持ってきてくれる。

サバサバしていて明るい彼女。でも、いつもルーズな服で僕を誘惑してくる……。

その大きな胸と生々しい太ももを思い浮かべながら、壁から聞こえてくる夫婦の夜の声を聞くのが楽しみだった。

そんなある日、彼女が真剣な顔で旦那さんのEDの相談をしてきたことで始まった、想像を超えた初体験……。

ほか、ロリ巨乳な美少女に彼氏の前でハメて欲しいと言われたが、彼氏じゃなくて美少女がいた 収録。

彼氏の前で寝取られたいと願う美少女は、すでに彼氏を信じられないほどに調教していた……。

続きを読む

寝取られ性癖の管理人のおすすめ

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 500

紹介文:寝取られ体験談や人妻との体験談を中心とした、ここだけのオリジナル作品です。

月に4回程度更新いたします。寝取られ性癖のない方には、刺激が強いと思います。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です。
http://kokuhakutaiken.com/blog-entry-6389.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、このTwitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/hmoetaiken

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

検索フォーム

kindle出版しました